新着Pick
316Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
観光客が増えて、街や地域の受け入れキャパシティを越えてしまうことで起こるオーバーツーリズム問題。日本語では「観光公害」とも言われます。
菅官房長官は、2020年までのインバウンド4000万人は射程距離に入ったといってましたが、(それは貴重な成長市場と歓迎する反面)こういった問題の対処も先手を打っていかなくてはなりません。
世界には、スペインやフランス、ここに出ているアムステルダムなど、いわば観光大国でオーバーツーリズムの課題先進国もあるので、彼らの事例に学び、先手を打つことが日本でできればいいなと思います。

具体策としては、
①観光税(出国税やホテル税など)を整え、その資金使途を明確化し、街の美化やインフラ整備、文化財の保護につかう仕組みを整備する。
②住宅の民泊化などによる家賃高騰で、地域住民が引っ越さざるを得ない状況を避ける
③需要の繫閑が激しい移動手段や駐車場などの需要平準化あるいは、レベニューマネジメント。ロードプライシングも選択肢の1つです。

などなどでしょうか…。
海外ニュースではなく、既に京都の西芳寺では拝観料騒動時に対策を講じています。また、鎌倉のおやつ騒動時に大仏次郎が運動を起こした結果、古都保存法が出来ています。欧州の前に自国の先進事例を取り上げて欲しいですね
一言も出てないけどベースは中国人が増えたってことでしょ。これからも増え続けるから対策はやって行かないとね
ロンドンやパリなど人気地がテロの影響で避けられ、他の都市に流れている影響もあるようです。日本も昨年は訪日客が19%増で3000万人に迫り、2020年に4000万人を目指す一方、既に京都は混雑問題に悩んでいます。税制や入館料など、規制より経済で改善を図るのがよろしいかと。
そのうち行きたくてもいけない旅行先とかも出てくるのかも。ヴェニスのように観光に関しない人はほぼ住んでいないというような都市のあり方もあるので、一概には言えないですが。

日本で考えてみると、観光都市としての機能がまだ弱い京都は、環境を整えればまだ大丈夫、対応できるレベルでオーバーツーリズムではないと思うのですが、現象としては「住民が困る」事態は起きていそう。
様々なご意見あるでしょうが、個人的にはヨーロッパの長い歴史を経ないと作り上げられない町並みや文化が大好きです。
事例がちっちゃすぎる
これは早晩日本でも起きる問題。住民と観光客の良い共存を見つけ出すのは急務 >世界で起きている観光客の増え過ぎ問題「オーバー・ツーリズム」とは? アムステルダムは規制強化へ