新着Pick

人間関係は負けるが勝ち!コミュニケーションに効く「自己開示」の威力

Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン
37Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「何の意図もなく」「ありのままに」はなかなか難しいですね。
人気 Picker
うん。確かに「人間関係」は悩みの最大の原因ですよね。しかし「嫌われるひと」には「嫌われる理由」というものが必ずあるんですよ。

たとえば。いつも仏頂面して不満ばかり言う。ひとの悪口や陰口を言う。ひとの意見に対して反論から始める。自慢話ばかりする。上から目線で説教ばかりする。「俺が俺が」と常に自分が中心にいないと気が済まない。これだけではありません。「軋轢を起こすのが活性化だ」とか正論めいたことを言ってチームを壊す。そして壊したことを成果だと自慢する。

共通するのは「毒」があるということです。

そりゃこんなことばかりをやってると誰もそのひとに喜んで近づかなくなりますって。だって一緒にいても感じ悪いし楽しくないし気分よくないんだもん。つまり他者の存在への敬意が見られないんですよ。当然ひとは遠ざかっていきます。

そしてその結果・・そんなひとのまわりに残るひとたちっていったいどんなひとたちだかわかります?それはそんな「嫌われ毒」に堪えられるような耐性を持った強力な「嫌われ毒」の持ち主だけなんですよ。

さて。こんな「嫌われ毒」の持ち主ってどんな人間関係を構築してるんでしょうか?「嫌われ毒」どうしって楽しいんでしょうか?いろいろお尋ねしたいひとがわたしにも何人かいます。会いたくはないですけどねo(^o^)o