新着Pick
166Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ある球団幹部が、「セカンドキャリアをそんなに用意できないから、育成選手を多く抱えることはできない」と言っていたことがある。ソフトバンクという企業がついているホークスは、この点でもかなり強みがある。
プロスポーツ選手のセカンドキャリアの問題はしばしばとりあげられますが、本人たちが一般的な経済活動に身を置く覚悟さえあれば、全く困らないと思います。

文中にもありますが、高い目標を掲げ、課題を設定し、成果を上げ続けてきた経験は、そのまま活かせます。むしろビジネスシーンにおいても、きちんとした指導者さえいれば同様に活躍できるはずです。競争率の高いスポーツであればあるほど、また、若手であればあるほど尚更です。

以前、陸上ハードルの為末氏が「スポーツ選手は一つのことを徹底的にやり続け、やり切る能力がある」というようなことを宴席で言っていたのを記憶しています。ビジネスで、プライドを捨てて同じ事をやればすぐに成果が出るはずです。
プロ野球、実業団スポーツだからなせる技。
我々のようなインディー競技は自分で考えていかねばです。
素晴らしい取り組みで是非加速を!ですが引退してからいろいろ勉強しますでは遅すぎるので是非現役時代から準備することが大事。あともうセカンドキャリアという言い方はやめませんか?プロ野球選手時代もその後も一つの繋がったキャリアです。
「次の世界で成功する機会を用意するのもプロスポーツ事業としての役割」という考えをトップマネジメントが持っている事が素晴らしいと感じました。
是非リーグ全体の共通認識にしていただきたいです。
ソフトバンクアカデミアに参加できる仕組みも面白いかも。ソフトバンクに入ったら元プロに会えますって働く人のモチベーション上がりますね。ウチも将来考えたいな。
この連載について
プロ野球12球団で最も潤沢な資金を誇り、球界随一の戦力で勝利を重ねる福岡ソフトバンクホークス。「世界一」を目指す球団の経営戦略を、現地在住ライターがどこよりも詳しくレポートする。