新着Pick
753Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほぼ私も同意できる内容です。
特にAmazon,Googleの音楽ビジネスへの影響力はどんどん増してくると思います。
それぞれが他社との差別化として、どんなサービスを提供してくるか楽しみですね。
今までCD屋のセンターに棚積みされていたメジャーアーティストと、端っこの棚に1枚置いてあった中堅アーティスト。CD屋であればこの構図(在庫連動によって売上げられる差)が成り立ってしまうので、店舗にガツンと置かれない中堅アーティストはよっぽど辛かったと思うが、今はSpotifyやAppleMusicなどによって中堅アーティストでも無制限に何曲も聞いてもらえる時代になった。はずなのに消滅なのはやっぱりサブスクの罠だよなぁ。。本来はネット活用によって中堅、零細アーティストほど夢ある時代になっていくはずなのに。。( TДT) これも中央集権化による単一企業の搾取。
テクノロジーの進化により、古いビジネスモデルが崩壊した事例と似ています。

音楽業界においてもビジネスモデルがアップデートされ、それに対応した者が競争優位を獲得するのでしょう。

自分で演奏し、AppleのGarageBandで録音すれば、簡単にiTunesで聞くことができます。

音楽は受け身だけでなく、演奏して仲間と共有することを楽しむ時代にもなりそうに思っています。
僕はですね。レーベルのオーナーもやってますから良くわかります。
コンテンツでいうと矢張りCDが1番利益率も高く、原盤、著作権とも
権利者への分配は明確です。次に、ダウンロードですが、大体一曲単価¥200ですが、原盤権利者に戻るのはその半分の¥100が関の山で、実演だけしたアーティストには、¥1から多くて¥3程度です。
まぁ此れでも明快なのですが、サブスクリプションとなると再生数なので大体アーティストには一回再生につき¥0.1でも相当高いレートです。原盤に絡んでなければもっと低いです。
そんなものにスタジオ代、エンジニア代、アレンジ代、録音代を入れた一曲につき安くあげても、15万円程度の制作費が回収出来る訳はありません。当然、メチャクチャ努力して100万単位の膨大な再生による利益も微々たるもので、仮にその恩恵で知名度のアップ後の、ライブ収益や、グッズ収益に結び付くアーティストやプロジェクトは、今のガラパコス日本では、今後正に数えるほどでしょう。
5、6、7が最も興味あるところ。前半はなんとなく想像できます。後半の部分は、インターネットによって可能性が広がった音楽業界ですが、淘汰もより激しくなってきている中で、色々な道ができてきているので注視したい。
小・中・大というカテゴリーは意味をなさない時代。アーティストは、尖ったコンテンツで、国境を超え、ファンを魅了できるかが鍵だと思います。
ネットの中立性の制約撤廃は、キャリア、サービス業者、ユーザーの関係を変える。どうなるか、これも一つのシナリオ「ユーザーは、契約しているプロバイダによって特定のストリーミングを選ぶことを余儀なくされ、これまで以上の通信料を支払うことになるかもしれない」
メジャーレーベルから中堅アーティストが消える
ますますCDが売れなくなり、アーティストにとってメジャーレーベルに所属するメリットは減少する。スーパースター並の活動が見込めない限り、アーティストやマネージメント会社はインディーズレーベルと組むことを選ぶだろう。大手レーベルは、テレビやラジオ、印刷媒体を中心とした旧来のマーケティング方法が現代の消費者に届かないことにやっと気づき、インターネットを中心としたマーケティングにより多くの人材や資金を投入するはずだ。
私は音に拘りを持つほうですが、音楽をカジュアルに聴く音源はほぼ全てストリーミングへ移行しました。
ストリーミングでの高レート(320k)とそれ以下では音質に大差なく、録音源に左右されるので音楽を楽しむスタイルが必然と変化。
タイトルが間違っているよ。
あとは常識的な話。
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア