新着Pick
496Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
【わかりにくい新興市場を統合】

マザーズとジャスダックの並存は、
日本のわかりにくい新興市場の象徴。

マザーズに会社を上場した経験からすると、
この二つは早く統合して市場をシンプルで
わかりやすいものにすべき。

まず東証1部への昇格基準が異なる。
マザーズから1部への変更は時価総額40億円、
ジャスダックは250億円、が昇格基準。

この基準の違いは謎。

マザーズが東証の中から生まれたのに対し
ジャスダックは独立市場を買収して傘下に入れた
という歴史的背景によるものと、理解している。

会社を上場する立場や、インバウンドの投資家の立場
からするとこうした違いはわかりにくい。
新興市場こそシンプルに組み立てるべき。
それから、上場廃止基準も明確にして、企業の
新陳代謝を促すべき。
一定期間後に本則市場に昇格しない企業は、
新しく始まる株式型クラウドファンディングなどに資金調達の
活路を求めたらよい。
株式型クラウドファンディングも、かつてのグリーンシートのようにならないように、市場としてのビジョンを早期に確立すべき。
人気 Picker
SPEEDAで各市場の企業数や主要数値の中央値を求めてみた。

【マザーズ】
企業数245社、売上高29.1億円、経常利益2.4億円、純資産16.5億円、時価総額107億円

【JASDAQスタンダード】
企業数706社、売上高97.5億円、経常利益4.6億円、純資産46.7億円、時価総額63億円

【JASDAQグロース】
企業数41社、売上高24.9億円、経常利益-0.5億円、純資産15.5億円、時価総額57億円

あと業種分類をざーっと見てみると、ネット系業種が含まれる大分類(SPEEDAの分類で広告・情報通信サービス)について、マザーズが245社中113社に対して、JASDAQスタンダードが706社中110社。なので、JASDAQのほうがそもそも業種としては広がりが大きい市場だし、マザーズは高成長産業が中心といった特徴がある。

記事末尾に上場基準が少し書かれているが、主な違いとしては下記(JASDAQについてはスタンダード市場)
①上場時見込み時価総額:マ10億円以上 > ジ5億円以上
②上場時見込み純資産額:マ特になし < ジ2億円以上
③利益または時価総額:マ特になし < ジ直近1年利益1億円以上もしくは時価総額50億円以上

③以外はJASDAQはグロース・スタンダード市場で共通で、③だけがスタンダード市場のみの条件。
http://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/listing/02.html
わはは。ICOの時代に周回遅れの議論しておるのー。必死こいてIPOして数億調達してどーすんの笑。誰かがIPOって童貞捨てるみたいなもんって言っててなるほどーって思ったよ。27歳でIPO童貞捨てててよかったわ。
いっそのこと一部も二部も再編し直して欲しい。一部の上場基準をより厳格にして、コーポレートガバナンスコードを全面的に受け入れている企業に限定、英文でのDisclosureの作成、年二回経営陣が出席しての決算説明会の開催、定期的なIR活動など投資家との対話も一定水準行う企業だけに限定して欲しい。それをやりたくない会社は二部でいいし、やりたいけどまだできない規模の会社は新興市場でいい。「東証一部上場」というブランドを非常に重要視する会社が多いからそれをエサにさらなるガバナンス改善を迫るべき。
現場で上場審査、申請をいくつも行った立場からすると、
正直、どうなのかなという印象です。

マザーズの審査方針は「将来の成長性」です。
だから今が赤字でも、債務超過でも、
成長性が確認出来れば良い。

一方でJQの審査方針は「継続性・存続性」です。
要はレガシーな事業で、将来的には縮小業種でも
安定的に利益(配当)が出せれば良いとの方針ですから、
JQは実質、本則二部の小型版です。

JPXとしては、市場を大きくすることでプレゼンスや取引拡大による手数料拡大を狙っているのでしょうが、審査方針をどちらに寄せるのか。おそらくマザーズに寄せて、JQで大規模な発行体は本則二部に入れるということなのでしょう。

個人的にはあのタイミングでの東芝の
特設注意銘柄解除にはかなりの違和感を持っています。

JPXも胴元であるなら、
上場させることの大義を示して欲しいですね。
マザーズとジャスダックが統合することで、上場企業数が約1000社、企業価値を表す時価総額の合計が約16兆円の市場が誕生の予定。今回の統合で、上場企業数では英新興市場「AIM」に匹敵する規模になるとのこと。現在、新興市場ではNASDAQが2,902社(2017年1月/出所:SPEEDA)で一番大きい。

証券取引所 業界(NewsPicks Web版で閲覧可能)
https://newspicks.com/industry/SPD36SSUXFZEIB7G?fragment=view&index=0&regionId=JPN&t=summary
統合をするのであれば、明確で厳しいな上場廃止基準をもうけて、淘汰も促してほしい。
急成長ベンチャーは成長にリスクがあるが、そこにリスクマネーを供給するというのが一つの目的と理解しているが、リスクがあるので一定確率はうまく成長できずにくすぶる会社も出てくる。本来はM&Aとかでガンガン再編が起きると良いのだが、今の日本だとゾンビ状態の会社が増え続けることになる。上場廃止基準が厳しくなれば結果的に再編を促すことにもなりそうなのでその観点としても良いと思う
確かに違いがわかりにくくなっている面はありますね。上場基準や東証一部への10年鞍替えルールなんかはどうなるんでしょうね。
現状は両者共に東証一部の三軍扱いのような位置付けですが、マザーズは"Market of the high-growth and emerging stocks"の略であるように、本来は急成長を志向する会社のための市場のはず。低成長企業が混じって違いが見えにくくなっているのであれば、上場廃止を進めていくことも考えるべきではないでしょうか。
統合するのであれば、NYSEに対するNASDAQのように(やや違いが曖昧になってはいますが)、上下関係ではなく、新興市場ならではの特徴を打ち出せると良いですね。NASDAQの会社はずっとNASDAQにいればいいわけですし。
対象とする企業のことを考えると、ガバナンスや情報開示の水準感についても、東証一部ともっと違いがあってもいいのではないかと思います。
場口銭(取引所の手数料)がジャスダックはバカ高(東証の数倍超)だけに、証券会社は(当然安い方に寄せる前提として)歓迎するんじゃないでしょうか。
コメントにも複数ある通り、ジャスダックとマザーズは上場基準も違うし、市場の定義も違う(と主幹事証券から上場審査前に何度も聞かされる)。
マザーズは10年という期限で東証に向かうための一過性の市場ステージで、ジャスダックは期限はないが、継続的に利益を上げて成長していきたい企業の新興市場。
最近でもほぼ日はマザーズではなく、ジャスダックを選んだ。

【追記】
ちなみに以前弊社が上場審査をお願いした時の資料や記録を読み返してみたが、主幹事証券も取引所も「なぜマザースではなくて、ヘラクレス(現JASDAQグロース)を選んだのですか?」という質疑が何度かあり、弊社も回答しています。
これまでの上場審査において、異なる目的の証券市場として上市企業は選択と同意を求められたわけですから、投資家の方はまだしも、証券業界の中にいた方が「同じだからまとめたほうが良い」とコメントするのは、ちょっと議論が乱暴ではないのでしょうか?
株式会社日本取引所グループ(にっぽんとりひきじょグループ、英語: Japan Exchange Group, Inc.)は、東京証券取引所グループと大阪証券取引所(現・大阪取引所)の経営統合に伴い発足した持株会社。統合により、世界第3位の規模の市場となる。 ウィキペディア
時価総額
9,252 億円

業績