新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各社、定価を下げ始めている。値引を想定した定価から
値引を含まない定価へ価格戦略を変えてきている。この
流れは一気に進むだろう。
答えはシンプル♪

セールに並ぶ特価品は、定番とは違う安物を並べているのを消費者が見抜いているからです。

人寄せするには、ルミネの10%オフとか、駅弁うまいもの市とか(最近廃れてきましたが)イタリア展という工夫が必須で。

バーゲン品で人寄せというのは、既に化石のようなもので、業界慣行を惰性で続けているだけ、ということに過ぎません😅

もっと智恵を出さないと売れまへんで👍
要するに、訪日外国人が化粧品をたくさん買ったということになるのでしょうか?

化粧品は一度レベルを上げると低級品に下げることは困難だそうです。
(下方硬直性がある)
肌に合わないものには戻せないということでしょう。

薬品に力を入れている富士フイルムあたりが、化粧品業界に進出するのも面白いと思うのですが…。
代替があるかどうか。仮にSALEで2万円のコートが1万円になっていても、欲しくなったらファストファッションで常に1万円以下でコートを手に入れることは可能です。化粧品はブランド×中身によって、代替が作りにくいようになっているのかもしれないですが、そういうのも時間の問題かなと。“代替不可能な価値”を生み出すことが、大きな課題だと思います。
百貨店が堅調といっても1990年代の業界全体の売上規模10兆円の時代からみると、現在は6兆円まで減っています。今後もいくらインバウンド顧客を取り込んだとしても、人口減、ネット購入、スーパーやコンビニの台頭を考えると、百貨店としては試練の時が続きますね。
安いから買うのではなく、ほしいから買う。
当然の流れのように思います。

けれども、上記とは全く逆で世の中おすすめ商品を会社が選んで顧客に送付してそれなりに高い満足度を獲得しているという会社さんがあるということを最近知り、自分の不勉強さと世の中の不思議を痛感しました。
安い物が溢れているこの時代に安い事自体に価値が無いから。あとどう考えても今のままで百貨店の復活はないです。
久々に行ったけどセール品はロクなもんがないし、あってもサイズがないなど極めて非効率。
zozoのようなECの方が返品リスク込みでも効率的で、百貨店の存在価値をまるで感じません
毎年定点観測するためにセール初日は行くようにしているのですが今年のセールはセレクトショップではインポートなど仕入れ品も大きく値下げしてた。在庫多いんだろうな。という印象。

昨年の記事を見返すと百貨店からのコメントとしてはインバウンドの回復で年始はプラス。日本百貨店協会の昨年1月の統計を見ると前年比でコスメ以外はほぼマイナス。
したがってインバウンドは回復しているものの年始だけの勢いである可能性が今年も非常に強く2年前状況に戻っているだけなので1月しまった時には失速した。という状況に今年もなるのではないか?
定価品と言っても化粧品じゃない。元々セールにならないし。
化粧品売上の増加はインバウンド。もとい、中国人観光客。
日本人ではない。(とほぼ確実に思う)
そこんとこ突き詰めて、裏取りした記事を出して欲しい。
株式会社そごう・西武(そごう・せいぶ、英称:Sogo & Seibu Co., Ltd.)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の小売業者である。百貨店の「そごう」「西武」(旧:「ロビンソン」を含む)を運営している。 ウィキペディア
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,775 億円

業績

時価総額
1,507 億円

業績