新着Pick
433Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オープンイノベーション、コーポレートアクセラレーターとしての好事例。こうでなくっちゃ。
飛行機&マイルはANA派としては、期待大。ジャパンクオリティだけじゃない、世界に誇れる最先端の価値を創出してほしい。
人気 Picker
元XPRIZEボードメンバーでした笑。こないだCEOのピーターに久しぶりに会いましたが超立派なオフィスを構えてて彼のPRIZEマーケティングビジネスが上手くワークしていることを見せつけられました。
遠隔地のロボット(アバター)を分身としてコントロールして,あたかもそこにいるかのように動かせる.空間的距離を超越する技術.テレイグジスタンス(Telexistence).あらゆるモビリティを否定する技術ですが,最終的にはそこに行きつくでしょうね.
「非営利財団「XPRIZE財団」が主催する国際賞金レースのテーマとして、ANAが提案した「ANA AVATAR X PRIZE」が採用された。」これが、現在グーグルがスポンサーになっている月面への民間ロボット探査機着陸を競う「Google Lunar X PRIZE」のグーグルのポジションだとは知らなかった。ANAの破壊的イノベーションも面白そうだ。
具代的にあげられている3つの観点は、ANAにとって創造的ではあるものの破壊的とまで言えるかはやや疑問です。
一方で、成長投資よりも安全投資が重視されがちな既存の輸送事業とは別の組織を持ち、更にそこに外部の人間を入れることで、新規事業に関するヒトモノカネを別立てにしたところは参考になりますね。
航空会社は安定した運用が強く求められる一方で、このような攻めや奇想天外をコンセプトにした発想は、次世代イノベーションを生み出すためにとても重要だと思います。単なる移動時間でも、付加価値がつくことで何倍も楽しい時間になるはず!睡眠もどんどんコラボしていきたいです!
「破壊的」イノベーションでもいいのですが、イノベーション自体はインベンション(技術革新)やインプルーブメント(改善改良)とは異なることに注意が必要ですね。

ANAが既存ビジネスで大事にしている価値観と対抗しそうな「ANA AVATAR X PRIZE」に取り組むモチベーションは凄いと思います。
イノベーションを強制的に生み出すためには、完全に事業を分けて、権限移譲することが大切。
時間軸で組織を分けるのはありかもしれない。

・事業計画の時間軸を1年〜3年の組織
・事業計画の時間軸を5年〜10年の組織
という感じで。

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.33 兆円

業績