新着Pick

テレビ局の「働き方改革」は進んでいるのか

東洋経済オンライン
昼夜を問わずパワフルに働く、長時間労働は当たり前で残業も多い――。そんなイメージのあるテレビ局。実際、制作現場の働き方は不規則かつ非常にハードなものだ。だが、最近では電通の働き方改革を密着取材し放送…
210Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、市販誌の編集をやっていた頃は

「23 時を回ってから別室にいるデザイン制作会社にレイアウトや素材を出す」→「そこから制作会社が深夜の時間を使ってデザインを起こす」→「翌日出社する頃にちょうどできあがっているので、それをチェックする」

というサイクルで、当時は 24 時間体制で制作が進められるのでムダなく効率的な仕組みだと思っていました。

ただ、なぜ 23 時を回ってから依頼するのかという点では、あまりはっきりした理由はなかったような気がします。今振り返ると、制作会社スタッフの方々の人間的な暮らしを犠牲にして成り立っていたことを痛感しますね。
(今はこのような仕事のお願いの仕方はやってないはず)

人間、誰しも同じ環境下で仕事をし続けていると、「これが常識」「この業界は仕方ない」と疑問を持たず無自覚なままになりがちです。こういった思い込みを変えていくのはストレスがかかりますが、長期に渡り健やかに仕事できるよう、自分自身も「常識」を変えていきたいです。
テレビ局にいるものとして…
そもそもの働き方文化、局員以外の関わっている人の問題があるので、「働き方改革度レベル」は、まだまだですが…他局、制作会社のお話を聞いても

◯深夜の定例会議は減った(はず)
◯AD大切に意識は10年前より相当ある
(労わる心もですが、突然いなくなると困るのと、どこもAD不足)
◯休めるときは、休もう風土は広がりつつある(夏とか正月とか) 週末は差がある
◯Dの仮編作業や、台本書いている間、ベタで横にいるような、よくわからない徒弟制度は消えた!
◯上がいても、帰る気まずさは減った

※ちなみに、年末は私より、制作会社が「休まないとなので!」ということでスケジュールを早めた作業をしたり。そして、誰もいなくなり一人で最終チェック。

しかし、これまだまだ大した改革でなく
そもそもの最大の問題点は、何もテレビが野蛮人な分けでなく
「人とお金」の不足かと思います。

問題点
◯制作会社による、マインド差が激しい
◯売れっ子、制作者、作家、出演者への仕事の集中と、その人合わせでのスケジュール(昼間が全部埋まってたら、夜や週末しかない…)
◯若手ケアのため、中間層の負担が増!

最大の問題点
◯とにかく、人が足りない、時間が足りない!!
から、分かっているし、改革したいし、本当は旅行行ったり、週末映画見たいけど、できない!
が、放送時間が短くなる訳でもなく。
むしろ、BSや配信や仕事が増え、それはチャンスが広がり嬉しいけど、体は一つで1日は24時間で。
どうすればいいの!?
が本音かと思います。
超絶ブラックでしょ笑笑
テレビで働く身として、本音を言わせていただくと、
働き方改革を進める姿勢は確かにあります。

ただ、『格差ができている』かもしれません。

実際に休みを取りましょう、という呼びかけも
以前に比べると格段に増えました。
休みも取りやすくなりました。

しかし現状、実行できているのは
【局員が中心】の傾向があるかもしれません。

上層部や人事も、直雇用している局員の動向は把握できていても、それ以外の人間のことは見えにくい状況になっているように感じます。

制作会社や関連会社、社外スタッフは、業務多忙なままになっているところが多いかもしれません。

社外スタッフの場合、番組単位で契約をすることが多いので、なかなか局側の人事も把握できないのも仕方がないのかもしれませんが…。

業務が特殊なだけに、難しいのも確かですね。

ただ、1つ言えることは
『テレビが好きで働いている人が多い』ので、
業務多忙を苦でないと思っている人もいるんですよね…。
電通と同じく、表面上は働き方改革が進んでいるものの、下請けへ丸投げしているだけになっていないか?持ち帰ってボランティア的に仕事をしていないか?会食も終電までに終わらなかったものは個人の負担になっていないか?など疑問残る。これまで続いてきた伝統的な働き方が一気に改善されると考える方が不自然で、これまで長時間労働を悪と思わず、武勇伝として語ってきた上層部、中間管理職の意識改革とともに、数年単位で少しずつ変わっていくくらいしかできないものだと思う。
テレビ局で働く社員以外の下請けの残業が増えていて、苦情をいうとテレビ局からは「早く帰るように指示している」という返答がくるだけ。大量の残業をしないとならないような仕事の指示をしているのも同じテレビ局社員なのだが。
進んでいるか、進んでいないかの二択なら、間違いなく進んでいると思います。改革のインパクトの大小はありますが、そもそも改革には終わりはないわけですし、概ね現状はテレ東の工藤さんが書いている通りかなと思います。
制作会社の人たちの労働環境の改善も!

多くの番組は社員だけではなく外部の制作会社のスタッフに支えられている。

朝の情報番組では、番組終了近くになると役割を終えたADなど若手スタッフが気を失ったように寝ていることもある。もちろん、その後の反省会では起きているのだが。

もう3日間家に帰ってないです〜なんて言いながら、疲れ果てている。そんな環境で、最新の情報などを、生活の中で体感するのは難しい。ずいぶん遅れての今コレが流行ってます!という紹介も、そんな状況に起因している。

まずは意識改革が最も必要な業界のひとつですね。激務を自慢する時代ではありません。
メディア関連の研究をしている関係で多くのご相談をうけます。
テレビは最先端の情報を追いかけるものでありながら、手作業や経験・勘に頼る部分、長時間労働や人海戦術に頼っている部分が多く残っている印象です。
これだけメディアに囲まれた世の中ですから、中の人は大変です。
労働時間枠にバッファをもたすことができても、放送時間にゆとりがありませんから結局は休めない。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績