新着Pick

正月太りから急速に体重を落とす3つのコツ

東洋経済オンライン
首都圏に在住する30代男性のYさんは昨年1月、正月休みに2.3キログラム増えた体重を2週間で落としました。職場まで車で10分の道のりを、自転車通勤20分に変更。これはフィットネスクラブでエアロバイクを漕いでいる…
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きっとこの話、お正月だけじゃないはず。

12月の忘年会で徐々に増え始めて、
三が日は寝正月、
さらには新年会。

減らすのはパワーが必要なので、
私は増やさない努力をするようにしています。

忘年会がある日にはお昼を軽くする。
食べ過ぎた日には帰り道、一駅分歩くなど。

そして、個人的に一番大切なのは、
毎日体重計に乗ることだと思っています。

減らす努力よりも、普段から増やさない努力!
炭水化物過多にはなりがち。栄養バランスもかなり崩れてしまう。年末からの宴会続き、さらにまだ新年会が続くという人も少なくはないので、休みの日だけでも運動をという人は多いと思う。寒いですが、出来るだけ走ったりしたいなと思っています。
ハードなBodyCombatに限ります。成人男性ならマスタークラスで1回900〜700Calのエネルギー消費、大まかにいって週3回の実践で都合1日分のカロリー消費に匹敵します。晩飯前に行えば疲労感で食欲が減衰するのでまさに一石二鳥。結果ではなく手段にコミット、いわば手段の目的化が最善手と思います。



あれ、痩せないけど。
ジェットストリームアチャー
(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)
ジムが休みの正月は、近所の小・中学校の鉄棒とか使った筋トレがお勧めです。普段と違うトレーニングで筋肉痛が酷くなる分、鍛えられてるような気分になります。
がんばります…😂
昨年、7kgほど体重を落としたのですが、食事は大事だと実感してます。深夜に食べるのを止め、間食を減らすだけでも体重は落とせます。
運動は有酸素運動と筋トレなど無酸素運動をバランスよく組み合わせるのが大事ですね。
体重を落とす・増やす、どちらにしても急速にはせず、マイペースで日々を過ごしたい。
男3人兄弟で育ったせいか、実家帰ると、食べ切れない量を出すという母の気合のため、毎回太る(笑)
新着記事一覧
「目の前で失禁・大便」人間崩壊する母の介護をする娘が心の平穏を辛うじて保てた"ある活動" - 介護で忙殺される中コロナ陽性の夫
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

介護、ワンオペ育児、子宮摘出"壁に穴だらけ"の家で3児育てる40代女性が耐えた「罵詈雑言の夜」 - 目が不自由な義父、精神不安定の夫
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

ホリエモンが、「多額の借金を抱えるビジネスパーソン」をポジティブに評価する意外な理由
ITmedia ビジネスオンライン
8Picks

STU今村さん、宮島水族館PR アンバサダーに就任
中国新聞
2Picks

大英帝国の繁栄を支えたのは「海底ケーブル」による電信網だった 【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第69回)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

入社後3カ月以内の超スピード退職、会社・人事は受け入れるしかないのか?
ITmedia ビジネスオンライン
8Picks

なぜ少ない、理系女子?「無意識のバイアス」打開に向けて
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
3Picks

就活で「志望企業」ができたら、絶対に調べるべき「5つのポイント」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
7Picks

「マンガや小説にお金を使わない中高生」を、どう受け止めるべきか?
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

【読書】経済学を学べば「資本主義」がもっとわかる
NewsPicks編集部
247Picks