新着Pick
254Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本の高度経済成長期と同様、中国も内需だけでここまで市場も会社も大きくなっている。
そして、日本のバブル崩壊の過ちを確実に学んでいるという意味でいえば、これらの企業はまだまだグローバルに拡大していく可能性が大いにありうる。
人気 Picker
同感。ワイルドスピリットを取り戻す必要がある!>歴史ある大企業の不祥事ばかり伝えられ、新しい企業の登場しない日本とは、大きな違いである。中国人は、法や規則など何とも思っていない。当局も「野蛮な成長期」を黙認している。業界が成長し、一定の形になってから規制に乗り出すスタンスだ。日本もこのバイタリティは見習うべきだろう。
文字化けで数字が見えてないですが、ここに並んでいる企業はどれも10億ドルどころか全て100億ドル(1兆円以上)の時価総額が付いている企業ばかりで、日本のベンチャー企業とは残念ながらゼロの数が違ってきてしまっています。

また、当局の黙認に関しても、いざとなったら強権を発動できることと、ユーザーがそもそも玉石混交に慣れているので自衛意識が強いからであり、日本で導入するのはそんなに簡単ではありません。

なので、日本で中国モデルのイノベーションのやり方を真似するには時間がかかると思うので、日本ならではの方法論を見つける必要があると思います。
ブロックチェーンなど、現在の国家の枠組みが強い中国やアメリカが本質的に許容しにくいもの(ブロックチェーンなど)に集中して規制緩和したり、戦略的に考えるべき。

個人的にはアメリカや中国と正面からぶつからず、ヨーロッパでエストニアやフィンランドなどがやっているように、特定の領域での思い切った規制緩和や教育資源の傾斜を行い、数点での突破を図る戦略が日本に向いていると個人的には思います。
野蛮な成長、は中国国内にとどまらない。アント・フィナンシャル は国内ユーザー数以上の成長を今後海外にも求めています。世界の成長スピードとのバランスを取れる体制が日本にも求められますね。
美团はalibaba傘下が嫌になって、tencent傘下に入った。
alibaba傘下に入ると今までの事例だとCEOを追い出し、自社化に特化する事が多い、それで美团CEOがalibabaを公の場を批判してtencentの傘下に。
知らない企業もまだたくさんある。今年はさらに中国の注目が集まることになると思う。
東南アジアも合わせると中国経済圏は更に拡大して行きそうですね。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
43.1 兆円

業績