新着Pick
540Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピックありがとうございます!

先日、パリで開催されているDIOR展に滑り込みで行って来ました。
70年前のムッシュ・ディオールのバードレスにワクワクしました。
「買いたい!」と胸が熱くなったのです。

そのあと、近くでショッピングしようと思ったのですが
ブランドショップは東京やECで買えるものばかり。
たくさんものに溢れているのに、ワクワクしないのです。

なんでもある時代だからこそ、「ここでしか出会えない」体験が必要なのだと痛感しております。

それを実現するのがD2Cの仕組みなのだと思います。

欲しい!と思う人にダイレクトに欲しいものを届ける仕組み。
どんどん時代は初期化されています。

これはファッションで起きていることですが、
全ての業界にいえるのではないかと。

個人が尊重される時代。
2018年、楽しみですね!
D2C(Direct to Consimer)は2018年の注目ワードですね。
軍地さんの論考、大変に勉強になりました。
ファッションご意見番「軍地彩弓」さんのファッションの新しいトレンドについて。SNSや動画コマースの進展も相まって「誰から買うか?」という「個人」が中心になってきている、と。その裏側に、消費者直結、英語で言うとダイレクト・トゥ・コンシューマー、略してD2Cの仕組みが進んできている、と。作り手と使い手が繋がるのは良いことですね。

個人的には、このトレンドの土台となる生産現場における、IoTなども活用した「匠の技の伝承×生産性向上」が最近の熱いテーマです。為替や新興国の人件費上昇の影響もあり、縫製を中心として消費地である国内への生産回帰が一部起きています。ただ、若い人たちにとって魅力的なワークスタイルになるにはまだまだできることが多い!!頑張っていこうと思います。
80年代、90年代と街中にヴィトンのバッグが溢れるだとか、厚底ブーツ一色に染まるだとか…そういった時代を見てきた人間にとっては、「サイズだけでなく、デザイン、ショッピング、接客など、“個人”がキーワードになる時代」はワクワクしますねぇ。

ファッションも、個人の価値観も生き方もみんな夫々でそれでいいと自然と受容されていく。大人のダイバーシティ社会が本格的に到来しつつあるのかもしれません。
「アパレルというシステムは変わろうとしているが、それはファッションの死ではない」
この言葉は、首を大きく縦に振ってしまった。
アートも音楽も死なない。ファッションも死なない。
さすが軍ちゃん、めちゃめちゃわかりやすい記事です。

記事でも取り上げられているPinQul発のブランドなどはかつての「読モ プロデュース ブランド」の再構築とも取れますが、かつて彼女たちを起用するスキームで勢いを持っていた「法人」が苦しんでいた2017年。

ブランドは従来、売上規模で比較されて来ましたが、インフラが整えば売上数億程度のブランドでも大成功と呼べる利益構造が出て来るでしょう。リアルクローズブランドのブログ→ツイッター移行期から10年、SNSの市場が成熟した今「個人」発がどう発展して行くか楽しみです
ファッション業界はデジタル化の進展によりますます面白くなる。

まさにビッグプレーヤーだけが勝つ市場から、この記事にもある通り「生産、販売、宣伝を個人でできる時代になった今、個人がブランドを作れるハードルがかなり下がってきた」

しかも世界的に見てもレンタル、受注生産、サンプルだけを並べる店舗形態と売り方もマネタイズの仕方も多様化してる。

そして、お客様も、ビッグプレーヤーからだけ買うのではなく、「個人発信のマイクロブランドが多数登場し、それをフォロワーが購入するという流れ」の中で洋服を買うことに楽しみが生まれている。

市場がデジタルの進展で、コモディティ化したとも言えるし、民主化したとも言える。

「EC発進でスタートしたD2Cブランドがオフラインでも売り場を作ることで、よりユーザーとの接点を広げていく」ことが可能になった。

アパレル市場は伸びないが、大手による寡占化時代は終わりだ。

みんなにチャンスがある!
これからのアパレル市場に注目してますし、私も何か楔を打ち込みたい。
東村アキコ先生の海月姫に書かれたテーマ、「ファッションは、多くのファッションに関心がない人に何を提供できるのか」が一番興味がある。大転換が起こるとしたらそこだろうと思う。サイジングは面白いけれど、同じ体だったとしても似合う人・服とそうでないものがあるから人は試着したいし、もっというと試着すらしたくない人がマジョリティな気がする。
軍地さんの記事、いつも勉強になります、、

D2C私も気になってます。服を選ぶ行動が確実に変わってきた。
ECなどで展開される分、実際の見た目やサイズ感が気になって、いきなりECで買うのを躊躇する人も多いだろうから、
結局実店舗があったら嬉しいな、という流れはあるだろうなと思う。
個人の技が光るリアルな店ができるといいなあ。スナックで売る?
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,605 億円

業績