【プロピッカー】1月は「お金の未来」「次世代イノベーター」

2018/1/4
2018年1月の「マンスリー・プロピッカー」のテーマは「お金の未来」「次世代イノベーター」の2つとなり、合計18人が就任します。本記事ではその概要や、各プロピッカーのプロフィルを紹介します。
ぜひ気になるテーマのプロピッカーをフォローし、Pickとコメントをマイニュースでご覧ください。
※各テーマに詳しいピッカーの皆さまを紹介する「おすすめピッカー」のページはこちら
お金の未来
ふじもと・やすし
IT企業でのフィールドエンジニア、マイクロソフトでの業務執行役員Windows本部長、セントラルマーケティング本部長等を経て、2015年7月より現職。PayPalの日本におけるB2C、B2Bマーケティングを統括。
あかい・あつお
ナウキャスト取締役会長。早稲田大学総合研究機構 研究院客員教授。慶應義塾大学法学部卒、東京大学EMP修了。モルガン・スタンレー証券MD、モルガン・スタンレーグループ上級顧問等を経て現職。Finatext社との経営統合を機に、2016年、同社取締役会長に就任。 2017年、スマートプラス常勤監査役を兼務。 ハイアス・アンド・カンパニー(東証マザーズ上場)独立取締役。公益財団法人小田原文化財団理事。
こじま・ふひと
スタンフォード大学准教授。専門はミクロ経済学理論・ゲーム理論・マーケットデザイン。東京大学経済学部卒。学部の卒業時に最優秀卒業論文に与えられる大内兵衛賞を受賞し、卒業生総代となる。その後、ハーバード大学経済学部 Ph.D.(博士号)取得、イェール大学にて博士研究員、スタンフォード大学助教授を経て現職。
はせがわ・けんいち
京都大学卒、MBA(神戸大学)取得。2013年8月に香港で起業。のちに香港金融管理局からリストリクテッドバンクライセンス(Restricted Banking Licence)を取得し、資産運用サービスに特化した金融機関NWBを立ち上げる。2017年3月から現職。 NWB以前は、シティバンク(日本およびニューヨーク本店)や三菱東京UFJ銀行で要職を歴任。
かんさい・たかこ
Zaim代表。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、日経 BP 社で記者・編集に携わる。記者・編集職を経た後、WEB系ベンチャーにてWEBディレクター職に転身。その後、ユーザーローカルにて製品企画・開発を担当。個人として開発したオンライン家計簿サービス『Zaim』をリリースし、約1年後に、会社化し、代表取締役に就任。
やまぐち・ようへい
ブルーマーリンパートナーズ代表。早稲田大学政治経済学部卒、東京大学大学院修士。専門は貨幣論、情報化社会論。大手外資系コンサルティング会社でM&Aに従事したのち、独立・起業。クリスピー・クリーム・ドーナツの日本参入、ECプラットフォームの立ち上げ(のちにDeNA社が買収)、宇宙開発事業、電気自動車(EV)事業の創業、投資および資金調達にかかわる。
なかやま・りょうたろう
マクアケ代表。慶応義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社。社長アシスタントやメディア事業の立ち上げを経て、ベトナムにベンチャーキャピタリストして赴任。日本に帰国後、サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立し代表に就任。クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」をリリース。
ネットプロテクションズ代表。一橋大学卒業後、日商岩井(現・双日)に入社。のちに投資会社ITXにて、ネットプロテクションズへの投資を実行し、出向。「NP後払い」決済を構築し、2004年から同社代表に就任。
さかい・たかまさ
博報堂生活総合研究所 研究員。早稲田大学政治経済学部卒業後、博報堂入社。マーケティングプラナーとして、教育、通信、外食、自動車、エンターテインメントなど諸分野でのブランディング、商品開発、コミュニケーションプラニングに従事。2012年より現職。
かい・しんいちろう
京都大学法学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券入社。金利トレーディング部において日本国債・金利デリバティブトレーディングに従事。のちに、バークレイズ証券に転籍し、アルゴリズム・金利オプショントレーディングの責任者を兼任。バークレイズ証券を退職し、12月より現職。
のぐち・さとし
中央大学経済学部卒。SBI Holdings, Inc.にて、決済・暗号・カード番号管理、Webマーケティングを担当。のちに、Pictet Asset Management Ltd.にて、公募株式投信のデータ解析・マーケット分析業務に従事。2016年5月、ロボット投信株式会社を創業。
次世代イノベーター
はやかわ・ごみ
1995年生まれ。多摩美術大学在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって立ち上げた胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」は「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年にウツワ代表取締役に就任。
にしお・もとき
1996年生まれ。小学生時代、プログラミングを学び始め、中学生時代にはベルリンに拠点を置くホワイトハット集団Chaos Computer Club e. V. (CCC)の存在を知り、コンピュータセキュリティを独学で学ぶ。ITベンチャー企業2社で新規事業立ち上げを行ったのち、国内セキュリティベンダー、大手検索エンジン会社を経て、2016年よりコンサルティングファームに参画し、同時に多摩大学ルール形成戦略研究所に着任。
きん・やすゆき
1993年生まれ。Candle代表。東京大学工学部システム創成学科卒業。東京大学3年時に2人の創業メンバーとともに株式会社Candleを設立。女性向けキュレーションメディア「marble」とビューティー系動画メディア「mimiTV」を中心にメディア事業を運営している。2016年、同社をクルーズ社に事業売却。
ひがしで・ふうま
1999年生まれ。2016年夏、THINKERS FESテクノロジー部門で優勝し、TOKYO STARTUP GATEWAYにて1000人の応募の中から優秀賞を獲得。 2017年Yoki設立。現在、同社代表取締役社長。
かわぐち・かな
1991年生まれ。14歳でホームレス問題に出会い、19歳で法人創設。ホームレスの自転車修理の技術を活かしたコミュニティサイクルの仕組みを立ち上げ、生活困窮者の自立支援を行う。ホームレスの人が路上生活から脱出できる出口作りとその予防、啓発活動に取り組む。
しまだ・ひろき
1992年生まれ。京都大学で人工知能・マルチエージェントシステムを専攻。エディンバラ大学院で人工知能修士(MSc in Artificial Intelligence)を修了。Google、Incubate Fundで新規事業立ち上げを経験し、エディンバラ大学在学中の2016年、scoutyを設立。
やまうち・そうと
2001年生まれ。6歳のときに父親からパソコンをもらい、10歳から独学でプログラミングを始める。2016年にはワンファイナンシャル(旧ウォルト)を創業。個人間決済サービス「ONE PAY」などを手掛ける。
12月末で稲垣あゆみさん、松村厚久さんがプロピッカーを退任いたしました。
これまで、専門的なコメントをいただき、ありがとうございました。

また、マンスリー・プロピッカーとしてコメントをいただいた髙岡豊さん、福嶋剛さん、山畑俊樹さん、土屋敏男さん、小橋賢児さん、谷口功一さん、1カ月間ありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いします。

大野元裕さん、塩崎悠輝さん、菅本裕子さん、齋藤貴弘さん、楪望さんは、今後もプロピッカーとしてご活動いただきます。次回の新規プロピッカーの紹介は、1カ月後を予定しています。プロピッカーについてのご意見、ご要望や自薦、他薦については、こちら〈 info@newspicks.com〉からお問い合わせください。