新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう流れはずいぶん前からあって、別の大手損保が急に女性活用と言い出したので、なぜ?と聞いたら、事務のIT化で女性一般職の仕事がなくなったので営業に出してみたら意外と成績良かった、という話を聞いたのが6年ほど前のこと。

ITがAIになり、代替されるのが事務職から営業の事務になった。淘汰されて無駄が減るのは良いこと。
保険屋さんと付き合うと無駄だらけの保険営業業務が感じられます。何するにも自宅まで着てくれるし…で、AIの何が解けるんだろ…
AIというか、ロボティクス導入支援業務を現プロジェクトで行なっている立場から見ても、多くのハンド処理業務はロボティクスで代替できるので、数年後には事務作業は激変すると思いますね。
そういえば昨年あたり、保険会社で定年後の営業職員、更には定年後の一般総合職の処遇を引き上げ、定年そのものも延長する動きが目立っていましたね。高齢者の活用という積極的な意味合いもあるのでしょうが、通信販売や販売代理店の伸長を受けて将来必要な従業員数が減りそうな中、長期雇用の新人の採用を当面抑制する意味合いもあるように感じていました。
当面の業務を支える高齢者が去ったあとは、働き手がAIに置き換わる。保険会社が率先した高齢者活用の背景には、AI化の進展に備える意味合いもあったのかと改めて感じています。
かつて華やかだった速記者やタイピストといった仕事がいつの間にか消えたのと同じく、花形職業の一つだった金融機関の事務もAI化で消えて行く。「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」とはいかない時代が迫っているようです。頑張らなくちゃ・・・
え? サラリーマンは気楽な稼業というのが分からない? サラリーマンが年々の昇給を謳歌した高度成長のころ、一世を風靡した植木等の迷曲です。え、お呼びでない?こりゃまた失礼しました。(^^;)
現時点でAI(というか、大部分はAIではなくRPAだと思うのですが)、標準化された業務が多かったということでしょう。人はより付加価値の高い仕事に集中できます。
むしろ、お役所業務に代替してほしい。事務作業ではなく、待ち時間によるGDPに貢献しない時間をなんとかすべきですね。雇用問題とは別問題。

業績