新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
業界ごとのマクロ分析を自社記事でやらないなら経済紙という看板は「大仰」と言わざるを得ないのでは…そのあたりちゃんとわかってるのかなあ。いや、わかっててやめるのだとしたらタチが悪いわけですが…。SPEEDA総研は梅田picksの良心だったんじゃないかなあ、と思うんですよね、SPEEDAの工数を使うわけですし。総研をきちんとやり続けられるかどうかって、結構アナリストの力量も試されてる気がするけどね。定期的にパブリックにも登場した方が絶対良いと思いますけどね、内弁慶にならずに済んで。キャリアにもプラスですよ。大海で揉まれて名前を売るべき仕事でしょう、アナリストって。証券会社のセルサイドとは役割違うんでしょうけども。

手っ取り早く読者がつくのはそりゃあ、集客力のある大物同士の対談記事だろうし、それは実は編集コストも手間もそんなにかからないだろうけど、こうした分析記事とか独自記事を大切にしないと経済媒体としての話者の連続性が無いよね。ただ単に流行ってるものに片っ端から飛びつくみたいな感じになってしまう。まー、Livepicksを観てるとまさにそんな感じだけども。それこそ、Livepicksに解説者としてSPEEDAのアナリストを解説員として引っ張り出すのが正しい経済紙でしょうよ。みなさん、仕事もあるから生放送出演はしんどいとは思いますが。
もっとマクロでNP的にいうと東海岸の分野をカバーし続ける必要はあると思いますけどね。日経とはもうケンカしません、ってのならそれでもいいんですけどね。もったいないなあ。あと同じ業界をまた取り上げても全く問題ないでしょう。切り口なんて無限にあるわけで、up to dateし続けるからこそ情報には価値がある。古新聞は古新聞でしかありませんよ!無価値とは言いませんが、価値を高めるには業界の人にとっていつもそこにある存在でなくては。
アナリストごとに特色とか得意分野とかあるわけだし。

梅田picksの描いてた世界観の方がワクワクするんだけどなあ。
皆様、3年の間に亘ってご愛読いただき、本当にありがとうございました!今回の休載のお知らせでも寄せられている皆様のコメント、とてもありがたく思います。
2015年に記事を書いていた頃、書き切れなかったことをコメント欄で皆様がどんどん補足いただいたり、それでさらに議論が深まったことの興奮、とても強く印象に残っており、自分にとってはとても新鮮で貴重な体験でした。

色々な角度からSPEEDAのデータも活用しながら、マクロ・業界・ニュースを見てきました。
今回休載とはなりますが、今でも内容としては汎用性が高く参考になるものも多いと思っております。過去3年の間にユーザーの方も大幅に増え、見られてたことがない記事もあるかもしれません。今回の振り返りで、もしご興味がある記事も見つかれば、それもまた嬉しく思います。

改めて、有難う御座いました!
ASEANマクロ経済リポートは継続しますので、よろしくお願いします。現在はSPEEDA総研のアカウントからの配信となっていますが、近々、別アカウントを作りたいと思います。当面はSPEEDA総研のアカウントのフォロー継続をよろしくお願いします。
SPEEDAアナリストチーム、マネージャーの中村です。長年のご愛読ありがとうございました。Pickerの皆様に改めて御礼申し上げます。

今回の休載は、アナリストチームが本業に専念するためにチームで決定しました。ご心配の声も頂いておりますが、打ち切りではありません。また皆様のお目にかかれる日が来るかもしれませんが、その時はどうぞよろしくお願い致します。
今までありがとうございました。
SPEEDAと違ってユーザーの反応がダイレクトに見え、現場の方の声も聞けたりするなど、非常に勉強になりました。
土曜日の朝にもかかわらず毎週みてくださる方もいて、励まされてきました。
Pickerのみなさまには心から感謝しております。
残念。最近はマクロ分析の記事を目にすることがほとんどなくなり、コメントはせずたまにpickするくらいに止まっていましたが、それでもこういう分析記事は全般的に関心があるので楽しみにしていました。

とはいえ、考えようによってはNPに時間を使い過ぎることを避けるための措置として捉えればありがたい判断なのかもしれません。
もったいないなあ。限られた人員と時間の中で大変だったと思いますが、アナリストを育てる意味でも、一般で取得できる情報からマクロな視点から分析するという観点で議論してもらう教材としては、良い企画だったように思います。

僕のいる介護業界も何回かテーマで取り上げてもらったことはあるのですが、確かに正直分析の内容や深さは、業界内部にいる人間からすると、かなり食い足りないのは事実です。
でもそれは当然で、同時に業界の情報発信や開示資料が社会に出回っていないことでもあるわけで、そうした業界の中にいる僕と、外にいるアナリストやステークホルダーの情報格差をどのように埋めて行くかを考えていくには、地味かもしれませんがこうしたレポートと議論の積み重ねがとても大切だと感じてました。
正直、それほどSPEEDA総研に期待していたわけではないけど、何となく象徴的だし示唆的。個人的には。
これは知らなんだ…。
一番楽しみにしていたコンテンツだったのに残念。
えーーーー!!!?
ぜひ続けて欲しいです。。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
957 億円

業績