新着Pick
422Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「新しい事業の芽を潰すな」って擁護してたけど、これが本当なら前言撤回。

顧客のペインを高めることで利ざやを稼ぐとか人の道に背きすぎる。DeNAのWELQ/MERY問題レベルで悪質だし、事業閉鎖は当然。

で、これは事実で確定なん?mixiが買収するの前からなのか、後からなのか。
人気 Picker
これがサイト閉鎖の要因だったということだろう。
プラットフォームビジネス・マッチングビジネスは、そもそも出品などの「モノ」が少なければ、顧客にとって魅力的にならない。
それをビジネスとしてやっている人を呼び込むことは、コンプラさえ考えなければ、市場でマッチングする機会を増やせるから合理的。

でも、やっていいこととやっちゃいけないことがある。
コンプラ軽視することは、結局デカいリスクを抱えること。
手取り足取りやるタイプのコンプラは好きではない(必要な時もあるが避けたい)が、公表されたときに確実にNGを食らうようなレベルのこともやっていないのは、経営として稚拙だし失格レベル。

あとは、ミクシィがこれをどの段階で認識したかが、企業としては論点となりそう。大口で手数料がないのであれば、買収DDで件数との突合で分かりそうに思うのは素人考えだろうか。
ちなみに買収したのは、2015年3月で119億円。一連の問題が出る前から、捕捉していなかったら経営管理として極めて稚拙だと思うし、捕捉していて対処していなかったとしたらそれは経営失格。
とても残念。
http://thebridge.jp/2015/03/hunza-is-acquired-by-mixi
法的グレーゾーンや余白、そこで生まれるイノベーションを全く否定するものではないし、むしろもっと活発になればいいと強く思っている。

ただ、そこで炎上させず、ビジネスを成功させるのはそれなりのスキルがいる。法解釈による理論武装のみならず、世論喚起やPR、政治対応(ロビイング)など多岐にわたる規制対応は最近戦略法務と定義され、個人的にも相談が多い分野です。

今回は、報道によれば明らかに法的な一線を超えてしまっているけど、その前に様々な弊害を生み出し社会問題に発展させて炎上してしまっている点で規制対応としてうまくない。残念な事例。
チケチャンの続報。本当なら大変残念なお話。
サイトの閉鎖も頷けます。
これは、あかん。
今後の捜査しだいですが、これ、mixiによる買収がどうだったかも問われそう。

しかし京都府警はこの手の事件、攻めてきますね。
転売業社=ダフ屋≒反社会的勢力(つまり暴力団)ってのは常識だし、チケット転売に対しては主催者・出演者から大きな反発があるのは周知の事実。それを承知でやっているのだから、運営会社の社長辞任程度では済まされず、親会社のミクシィも役員の処分程度では済まされないだろうね。
それにしてもなぜ、ここまで行ってしまったんだろう。ネット系のスタートアップ企業は、グレー(法的に違法の可能性があること)でも構わないという共通認識があるのだろうか。それがちょっと行きすぎただけ、と考えているネット企業経営者がいるとしたら、そいつらに未来はないだろう。
これはだめかもわからんね
色々な観点であり得ないのですが、経営陣と反社会的勢力の関係はどうなのてしょう?