新着Pick
1024Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここでも指摘されているように日本はエンゲージメントスコアが低いですが、私はむしろ「日本人は嫌々働くというスタンスが好きなのではないか?」と感じています。

例えばビールを飲む時に「医者に止められている」と聞くことは結構多い。これ本来は医師のアドバイスに従って「私が」止めているのです。ただこのような「私」という主語を用いずに責任の主体を曖昧にしておくことが心地良いのだと思います。

会社も「たまたま新卒で入ったから」とか「住宅ローンがあるから」とか、外部環境のせいにして、「私」という主語を用いずに、自分の人生ですら責任の主体を曖昧にしておきたいという欲望を感じます。

ただし、医師も昔ほど患者に高圧的かつお節介ではなくなりましたし、会社も「(私が)イヤなら辞める」ことはかつてほど大変ではありません。そろそろ「自分の人生の責任の主体は自分」という今まで免罪されてきたマインドを初期設定にした方が変化の多い時代にはヘルシーなんじゃないかなと思います。
特集4回目は、グーグルでアジア・パシフィックの人材開発を手がけてきた人事コンサルタント、ピョートル・フェリークス・グジバチ氏と、「実践マーケティングの巨匠」と呼ばれ米フォーブス誌で全米トップ5のビジネスコーチに選ばれたこともあるジェイ・エイブラハム氏の対談を掲載します。

日本人は初職にこだわりすぎる。俺のほうが良い中高、良い大学、良い会社で良い仕事をしているぞと自慢することが生き甲斐のような働き方は正常だとは思えない、さえない仕事ぶりの人の方が、優秀な人よりもずっと大変だなど、鋭い直言がポンポン飛び出す本音対談です。

一方で、強みを発揮する方法や、ゾーンに入る時間を伸ばす方法などのヒントも満載です。
二人の外国人に「Why Japanese people?」と言われているみたいです。非常に興味深い内容。

(特に就活生は)必読ですね。

以下、特に気になったところをピックアップ
-------
人は混沌とした環境で多様な経験を経てこそ、成熟していくものだと思うのですが……。日本人の成長過程における大きな落とし穴がそこに潜んでいそうですね。
-------
若い人の中には「よし、アーンスト・アンド・ヤング(アメリカの大手コンサルティング会社)で仕事が見つかったぞ! この会社だったら両親は鼻が高いだろうし、理想の奥さんも見つかるだろう。彼女の両親もきっと褒めてくれるだろう、そうしたら……」なんていうふうに考える人もいると思います。

でも私は、こういった考え方が正常だとは思いません。
-------
それにしても、日本の教育システムや組織文化に、あまり楽しそうな印象は受けませんね。

あくまで私見ですが、日本の組織文化はとても「縄張り重視」的であるように感じられます。

「俺はお前よりも、いい職場にいて、より高く評価されている」と人に自慢できる状態でいることに血道をあげているように見えますが、こういう視点は、その人の人生全体を良くしないばかりではなく、ビジネスで優れた結果をもたらすこともできません。
-------
私は、たまにこんな質問を受けることがあります。「どうやって会社を変えればいいと思いますか?」という質問です。

そんな時、私の返答は「いえ、変えるのではなく、あなたが辞めるだけです。もしも大きな会社なら、どこか別のより良い機会があるところを探してください」というものです
-------
「最初の仕事こそ一生続ける仕事だ」という考えは誤りです。

重要なのは、あなたが必要とする「燃料」を与えてくれるような方向にキャリアを導くことです。反対に、あなたが、もしそれがどんな種類の「燃料」なのか知らなければ、キャリアを正しく導くことはできません。
-------
30代以下の人で、『最初の仕事が一生続ける仕事だ』と思っている人が、果たしてどれほどいるのでしょうか。
現在、日本でも30代以下の人で、そう思っている人の割合は少ないと思います。
日本人ひとくくりで語られていますが、実際と乖離していると思います。

最近の30代以下は、自分がどうキャリアを積んでいきたいか、どんな働き方をしたいか、ライフステージに応じて、会社や職種を変えているのが現状です。

追加:三上さんのご意見に賛同です。
① 自分の行動の強みと弱みは相対的に決まる可能性も持っていることを留意すると良いと感じます。つまり、誰と比べるか、が強みと弱みの判定に影響するように思います。
② また、好き嫌い、もこれに作用しているように思います。
この連載について
長時間労働の撲滅、副業の解禁、リカレント教育の普及促進ーー。 現在政府は、働き方改革の第二章として人づくり革命に邁進している。 大手企業の間でも、副業や柔軟な働き方を推進する企業も増えてきた。 一方でAIやIoTなどの技術の革新は、我々の働き方をも変えつつある。 そんななか、私たちは、働くということにどのように向き合うべきか? リンダ・グラットン、ソフトバンクやサイバーエージェントの人事トップなど識者と共に考える。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア