新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本からの国際便という限定で言えば、コスパ最高なのに食事のレベルが高く、USB、WiFiも大抵の便で完備、更に日本語のエンターテイメントが充実している上、仕事が終わってから飛行機に乗り、朝にはヨーロッパという絶妙の使いやすさを誇るターキッシュエアーがおススメです。

飛行機に求めるものは各人色々とあるとは思いますが、特にエコノミーだけで比べるならコスパの高さは外せない要素です。
いずれの要素もベストではないかもしれないけど、高いレベルでまとまっているというのが、結構大事だということですね。
その意味で、料金が安いにも関わらず、大体のことにおいてほぼ満足できるターキッシュエアーこそ、エコノミーな旅の最大の味方だと言えましょう。

(追記)
ワーストがBritish Airwaysというのは全力で同意ですね。
いいとこが見当たらない。
エコノミークラスのランキングは良いのですが、墜落したりトラブルがあればエコノミークラス云々関係ないですね、、、総合評価だとしたら、この航空会社はランクインしないだろうという会社が上位になってまして、、、。
大山さんに同意です。トルコ航空は10月、12月とシンガポール=イスタンブールの11時間フライトを2往復利用しましたが、サービス、シートなどの設備、食事、エコノミーでもスリッパなどのビジネスクラス並のアメニティが配られることなど、非常に満足度が高かったです。イスタンブール・アタチュルク空港のラウンジも豪華。

イスタンブールで話をしたあるビジネスパーソンが「マレーシア航空が世界的に成功する可能性があったけど、エアアジアの登場でやられてしまった。トルコはその轍を踏まないように、トルコ航空のレベルアップに注力している」とはなしていたことは印象的でした。他方、エアアジアの登場は、LCCの急速な拡大に大きく貢献したこともたしか。色々と考えるきっかけになったイスタンブールでの会話でした。

日系エアラインは、全般的に良いと思いますが、エコノミークラスの食事、カタカタ英語のアナウンスはどうにかして欲しい。エコノミーで食事はさほど期待していないでやむを得ないと感じていますが(食べないことも多いです)、先日、日系エアラインのシンガポール→羽田で出たカレーは、根菜類が硬すぎて生煮え感が満載でした…鮮度も低いような味でした。トルコ航空、シンガポール航空あたりは見習って欲しい。

アナウンスは安全に関わる。日本人がネイティブ並みに話すべきとは言うつもりは全くないですが、明らかにカタカナで、英語らしく話そうという努力を感じないアナウンスがかなり多い。

ちなみに、シンガポール航空のビジネスクラスに乗る機会のある方は、通常のミールではなく、シェフの特別メニューみたいなのをウエブで注文しておくことをお勧めします。シンガポール=ホーチミンシティという短距離でしたが、ナシレマはすごくおいしかった。

乗るだけならLCCで問題ない。ASEAN近隣国や、香港とか4時間以内ぐらいなら、LCCのコストパフォーマンスがうわまわる。有料でも美味しい食事のエアラインもあります。
Skytraxのランキングの元ページを見ると、総合・ケータリング・シートの3つに分かれていて興味深い。
ちなみにJALはシートだとトップ、これは個人的にはとても同意(JALの最近のエコノミーは広い)。あと、ANAはシートだと8位だが、ケータリングはトップ10に入っていない。
個人的には、タイ航空のケータリングがトップだったり、総合でシートで10位にはいっているだけのガルーダが4位に入っていたりと、色々ツッコミどころはあるように思うのだが…
United の economy plus で不満を感じない私は、アメリカ人にも変っていると言われます。EWR/HKG 路線などはクルーもキビキビしているし、よく眠れるし、毎回ナイスフライトと思って乗ってますが。
上位2社をいつも利用しています。
ただ、カタール航空に関しては、機内映画の数が随分減ったような気がします。それにアジア路線では必ず入っていたJ-Popチャンネルが、6月、9月共に見当たりませんでした。

タイのエコノミーはハラール食の出来が良いです。
アメリカ系エアラインが一社も入ってない(笑)
いままで足をカートで轢かれたこと数度。日本のエアラインは上手に気配りされているのとは対照的に感じました。
トップ10のうち9つがアジア。ANA・JALも入選。アジアを旅しましょう。

昨日乗ったスリランカ航空のエコノミーも快適でおいしくてよかったです。4時間遅れでゲートが何度も変わって右往左往したものの何のアナウンスもましてお詫びなどもありませんでしたが、みんな「いつもそうだよ」と平然としていたので、そうかぼくの問題なんだと思いました。
ヨーロッパ系も決して悪くありませんが、やはりサービスの観点ではアジア系は良い航空会社が多いです。アメリカ系にも頑張って欲しいですが、サービスには首をかしげることが残念ながら多いです。
このメンツなら、機内WiFiの利便性も考慮すればJLかTKがトップでしょうね。準公務員だからエコノミーの快適さは譲れない。
スカイトラックス(Skytrax)は、イギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社。 ウィキペディア
時価総額
8,485 億円

業績