新着Pick

31歳「パソコン改造を極める男」が創る稼ぎ方

東洋経済オンライン
メーカー保証から外れた使い方になるので、引き上げすぎて動作が不安定になったりオーバーヒートしたりしても自己責任。それでも人気は根強く、自作パソコン用のパーツにはオーバークロック向きの機能を備えた製品…
148Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
好きを突き詰めて仕事にすることの難しさと、それでも諦めずに挑み続けることで突破口を拓く情熱の大切さ。

イノベーターにとって大事なことが学べる良インタービュー記事。
人気 Picker
オーバークロックは当方の世代(現在40歳前後)で流行りましたね。
20年前は何せこれで実利がかなりありましたから。
メーカー製PC買わずに部品買うこと、更には低級CPUをオーバークロックで高級CPU並に。CPUなんて低級品も高級品もアーキテクチャは同じで、高級品は選別品なだけですからね。
誰もがCeleron300でpentium2や3を超える下克上を狙った物です。
(その為に高価な電源やマザー買って、一体何やってるのか、と思ったことは多々ありますが。更にはオーバークロックしたPCで論文書いててブルー画面で涙目なんてのもしばしば。懐かしい話です)

とは言え、寒暖サンタさんも仰るように、今は実利があまりない。
今はCPUの稼働ステータス管理と温度管理がうまくなったので、イザって時だけ高クロック稼働ってのが標準的に組込まれてる。

今はなかなか理解されにくいでしょうね。
非常に貴重な人材であることは間違いないのに、なかなかその道のプロとして食べていくことは難しいという現実。プロとしての仕事が確立されていない分野だからこその悩みですね。ただ、それを何とかチャレンジして、乗り越えようとする姿は素晴らしいと思いました。

確かに、ご家族のサポートには恵まれてはいるとは思います。ただ、パソコンの改造に限らず、スポーツや子供の習い事でも本気でその道のプロになって貰うには親の資金力と覚悟も必要なのだと思います。なかなかそれは出来ないもの。

清水さんは今はサラリーマンもされているということですが、昨今の働き方の多様化でより清水さんにとって快適な環境が整うようになるかも知れませんね。
かつては自作PC派でしたが、あのブームは何だったんですかね。
いまはブラックボックス化されててなんでPC動くのか理解してない人もいるんだろうなあと思ったりします。そんな自作派も、おっさん化して自作PCをオクで買うという体たらくですが、ケースのカバー開けて扇風機当ててないとグラフィックカード熱暴走で止まるので、開けっ放ししてます。いい機会なので子どもには中身説明してますが興味なさそなのがかなしー。
現代のビジネスインキュベーションの典型例ですね。膨大な資源を投入し続けてあらぬところに事業継続性を見出す。