【森岡毅】「マーケティング×戦略人事」が会社を変える

2017/12/28
私の2つの特技
──なぜUSJを辞めて別の企業に入るのではなく、刀を起業するという道を選んだのでしょうか。
我々が持っているノウハウを、できるだけ広い範囲に、より深いレベルで展開するためにはどんな座組みがいいかをずっと考えてきました。その結果、日本企業を元気にするために、必要な仕組みを自らつくるのがもっとも良い選択肢だと思ったのです。
私のノウハウには2つの特徴があります。
1つは、マーケティングノウハウを非常に言語化しているということです。
基本的に、マーケティングは感性でやる部分、暗黙知の部分が大きいのですが、私は生まれつき感性に恵まれていませんでした。
そのおかげで逆に私には、「マーケティングのノウハウを数字や論理によって言語化する」という強みを人並外れて磨いてきました。ノウハウが体系化・言語化されていると、他の人にも伝えるのに有利です。
ノウハウを伝えるには、一番いい方法は一緒に仕事をすることです。それがうまくいったのがUSJです。
森岡毅(もりおか・つよし)
刀CEO
1972年、兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。96年、P&G入社。日本ヴィダルサスーン、北米パンテーンのブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表などを経て、2010年にユー・エス・ジェイ入社。革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させる。