新着Pick
605Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マイルドな選択肢が大事」というのは本当にその通りだと思います。私自身も会社員を辞めたのは、サービスをリリースしてから 1 年以上経った頃。「会社員をしながらサービスを作り、ある程度マネタイズやユーザー確保が見えてきてから法人化する」という例を周りで見てきたので、いきなり起業というのは、そもそも発想としてありませんでした。平日の行き帰りの電車と帰宅後の時間、および土日の終日をアプリ開発に当てていて、当時のことは今や記憶に残っていないほど忙しかったですが、それでも作ること自体が好きだからできていたんだろうと思います。
採用やる人は、大体イケイケ層の代表みたいな人たちです
人生100年時代に生きるヒントになる様に感じました。
色々迷っている人も少なくないと思います。問題は日々の仕事の忙しさから自分の好きを仕事にするという行動ができる人が少ないことと、まだまだ副業に厳しい会社があることではないかなと思いました。
とはいえ、週末も佐藤留美さんの下記記事が話題になりましたが、今後働き方が変化するのは止められない流れかなと。
【【佐藤留美】2018年、日本型雇用の“終わり”が始まる】
https://newspicks.com/news/2706620
その流れをチャンスと捉えて、自分のやりたいことにチャレンジできる人が増えるといいなと思います。
女性にも時間的にも余裕ができる様に、家事や子育てがより効率よくできる仕組みやサービスももっと増えてくればいいなと期待しています。
クビを宣告されてから気持ち的に若干キツかったのはい2週間ぐらい。その間に新しい会社の名前つくってドメイン獲得、HPもギリギリつくって走り出したらなんとかなりました。
幼な子3人を抱え、先に創業準備していた妻とバッティングし、しっちゃかめっちゃかでしたがいい思い出で完全にネタです。
クビにしてくれたことに感謝。
クビになっても以前と変わらぬお付き合いをして下さったお客様各位にはもっと感謝です。
リア充格差の話やな
マイルドな選択肢が大切。
格闘技選手はアルバイトをしながらする選手が多いのですが、会社員のまま兼業格闘技選手のままに方が生活が安定していいのではないかと思っています。0か100でなく、マイルドに選択して軌道に乗ったらがリスクがなくて良い。

選択肢を限らないことが大切です。
そうですよね。そうですよね。突き刺さります。
好きに勝るものはない。

人材が集まらない業界とかは、やっぱり、どうやって「これが好き」と言う人の数(=ファン)を増やすかと言う方向で物事を考えた方がいいのだろうな。
「やるべき」とか「社会的に意味がある」とかはもちろん大事だけれども。
ヨッピーさん、暖かく愛のある記事。好きこそ物の上手なれって言葉を思い出しました!(ほんとそうだなと思ってます)
イケイケ層のサラリーマンは本当にリスクを取っているのでしょうか?
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績