新着Pick

【SPEEDA総研】解剖・ラーメン

ユーザベース
420Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時期的にはそばが適切ですが、ラーメン好きなのでラーメンについて調べてみました。
本レポートには記載しませんでしたが、外食ラーメンに対する地域別平均消費出の上位が軒並み東北の主要都市であったことが興味深かったです。
東北はしょうゆ味でしょうか。ラーメンは外食することが習慣なのでしょうか。
他にも地域別にカップ麺消費との相関などもみれたら面白そうだなと思いました。
個人的な最近のヒットは福岡に行ったときの元祖長浜家でした。皆さんの愛する一品はどこですか。
一般的に飲食店は、店舗を多くしていくと規模の不経済が働いて収益性が落ちていきます。初期段階ではほとんどのコストが一店舗ごとにかかるので、複数店舗の管理コストの方が上回ってしまいます。
それが一定店舗数を超えると、セントラルキッチン化、オペレーションノウハウの蓄積、ブランド認知、材料仕入などの面で規模が効いてきて、うまくできれば収益性が上がっていきます(本当は密度の経済もあるけど実際に享受している飲食店はあまり無いように思います)

ラーメン店の場合は、一般的な飲食店よりも個店でも勝負しやすい(つまり規模が効きづらい)要素が多いのだと思います。材料もメニューもオペレーションもシンプルなことが大きいと思います。すでに国民的に普及しているのでプロモーションで差がつきにくいことも挙げられますね。

【追記】
寝ぼけて書いてしまいましたが居酒屋などで密度の経済が効いている例はありますね。2-3店舗が密集することで、材料やバイトを融通したり、物流費を少し抑えたり、地域での知名度が上がったりする例は身近にありますね。
既に多くのコメントがあるように、飲食業は参入障壁が低い業界。だから事業者が多くいる。
そのなかで、例えばハンバーガーはチェーン化が進んでいるが、ラーメンは相対的にその度合いが低いと思う。コメント欄で皆様多くのおすすめ店が出てくるように、一種の文化となって好みも分散しているゆえに、一つのチェーンだと対応しにくい部分があるように思う。
逆に、まだ文化になっていないとか、単価の違いを考えると、海外でチェーン展開をするほうが、ビジネスとしては面白いかもと思うのが正直なところ。その観点では、力の源HDとかは注目している。

あと、冒頭で飲食業全般に参入障壁が低いとコメントしたが、セントラルキッチンは設備投資ゆえに、個人レベルでは難しく、参入障壁を高める効果がある。
元々セントラルキッチンはほかの業態でも発想がなかった。日本で最初に導入したのがロイヤルだと思う。ロイヤルのHPに創業者の江頭氏の「私の履歴書」がある。資金調達含めて出ている13・14話あたりはとても面白く、是非興味がある方は見ていただきたい。
https://www.royal-holdings.co.jp/co/story.php
九大医学生用にラーメン店まとめを作っています。博多に立ち寄る際には是非。
http://daigakuseinoarukikata.com/2014/03/31/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3/
都市部に住んでると「歯医者の数はコンビニより多い」ってことを信じられない訳ですが、なるほどラーメン屋もコンビニより多いんですね。(てか美容室多過ぎw)
恐らく個人経営のラーメン店では、より原価率は高く、(労働時間ベースの)人件費率は上がるのではないでしょうか。
狭い店内で一般的な厨房機器で作れる場合量や効率性で劣るでしょうし、セントラルキッチンで作るようなチェーン規模になるには万人受けする味が必要です。
が、いまどきそのような味では差別化が図れず1店舗目も成功しない。
趣味性が高いものだけに、なかなか難しい業界です。
ラーメンはもちろん外国人にも人気なのですが、宗教上の理由でムスリムの人は食べられないor豚を使っていないところを探す手間がかかるのが惜しいですね。
特に東京は選択肢がいっぱいあって美味しいのにもったいない...

ラーメンに限らず、ベジタリアン、ムスリムなど食事に制限がある人はどの店ならOKかわからないため、案内に困ることが多々ありました。

今後訪日客が増えるにつれて、店先やグルメサイトに食品表示を導入するなどの配慮の需要が高まってくると思います。
SPEEDA総研の文字がいつもと違ってゴールド。
興味深い。データで知るラーメンも楽しい。次回は折角なので、時価総額やPER(香港上場の味千中国含む)、幸楽苑のような多角化戦略について触れていただけると尚嬉しい。
友人の森ちゃんの記事。
ラーメンで、まさかここまでガッツリ分析しているとは、、、

個人経営をしている外食の場合、テレビで取り上げられると一時的に急激に顧客集中が起こり、近隣住民への配慮の問題が出てくる。また、フットワークの軽いライト顧客となるため、引きも早くリピートに繋がりにくい。非常にムラの多いサービス提供になってしまいがちです。

一方、コアなファン向けの雑誌の場合は、ターゲットがセグメントされている分リピート顧客になりやすいと考えられます。

そのうち、サブスクリプション型のラーメン屋が出てきてもおかしくないですね!
株式会社ハイデイ日高(ハイデイひだか)は、埼玉県さいたま市大宮区に本社を置く外食企業である。 ウィキペディア
時価総額
805 億円

業績

業績

株式会社王将フードサービス(おうしょうフードサービス、英語: Ohsho Food Service Corporation)は、中華料理チェーン店の餃子の王将を経営する会社である。東証一部:9936。 ウィキペディア
時価総額
1,565 億円

業績