新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカ一本足打法だった本田にとっていまや中国は稼ぎ頭。VWほどではないが、日本メーカーのなかでは極めて勢いがある。EV車においても思い切った戦略で覇者になってほしい
VW同様にホンダの業績は、中国に大きく左右されるようになってきました。まあ、年間3000万台が視野に入る市場ですから当然といえば当然なのですが、もうひとつの主力市場であるアメリカと合わせて、少なくとも日本向けに専用車を開発する余裕は大きくありません。
個人的には軽自動車とミニバン以外にも日本専用車を開発して欲しいと思いますが、もはや難しいでしょう。
2017暦年で登録車と軽自動車の販売割合が逆転していないことを祈るばかりです。
ホンダの中国での1~11月販売台数はYoY+16.6%増(日産が+12%、トヨタが+7.5%)、また台数ベースでも130万台で日産の134万台に次ぐ2位(下記マークラインズのデータ)。
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_china_2017

中国でNEV(新エネ車)の普及が2018年4月施行の規制(①)含めて求められる。ただ、販売については2019年で、2019年にNEV車がクレジット換算で10%、2020年に12%。そしてクレジットの販売もできる。
実際の台数としては、②でもコメントしたがEV100%であれば各社5万台程度必要になってくる。各社とも120~150万台弱の販売台数なので、全体の経営成績にとっては内燃車が重要ということ(もちろん規制対応含めた将来へのフットプリントという点でNEV対応はとても重要なのだが)。
https://newspicks.com/news/2523749
https://newspicks.com/news/2565720
あくまで私見です。
前社長時代の拡大路線のまま進んでいたら、もっと早くEV着手したのではないかな、思ってます。
内燃機関からクルマの開発含めてかなりの割合を外注丸投げって噂でしたからね。内燃機関がいいとか悪いとか、そんな議論抜きで突き進めたのではないかと。

今は慎重に戦略を練る方向なので、EVに対しても慎重。
それがいいのか悪いのか、見ものですね。
カタールではアコードが売れていますね。手頃な価格とカムリなどと比べても見劣りしない車格で、インド人やフィリピン人の事務職を中心に人気です。
タイを含めたアセアンではBR-VなどのSUVやCity、Brioといった小型セダンを手の届く価格帯で出すことで、シェアを伸ばしている印象があります。

中国でも恐らくはアセアンでの商品展開をなぞらえた上で、寄り高級クラスにも力を入れていくのではないでしょうか。

ただ、昔のホンダを知っている身としては、売れることばかり優先で面白みが薄れてしまったなぁと感じます。
ぷらっとホームは、東京都千代田区に本社を置くコンピュータ周辺機器やネットワーク機器の販売を(一部企画開発も)行う企業である。 ウィキペディア
時価総額
24.0 億円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
4.52 兆円

業績