新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
だってクリスマスにぼっちでいる人の率が7割でマジョリティ(独身)なんだから、そこを狙うのは当たり前。
クリスマスに関して「僕だけ」「私だけ」取り残されているみたいに思っている人は、冷静に周りを見てほしい。コンビニでケーキ売っているレジの子も、ホテルのレストランで働いている人も、みんな独りで仕事している。デートなんかしているやつは一部でしかないから。
いつの間に、コンビニに多種多様のミニサイズのケーキが並んでいました。クリスマスケーキといえば、大きなケーキのイメージですが、コンビニでこれだけ出回っているということは、ニーズがあるということなんですね。
この記事を見て実感。
クリスマスイブはあわせ。28日の論文締め切りに向けてラストスパート中ですね〜
1人だけどケーキを食べたい人にはぴったりな記事ですね。私もすごく参考になりました。
とはいえ。堂々と「クリぼっち用のケーキ」というものを買うのはなかなか勇気がいりそうな。人前で「クリぼっち」を宣言するようなもんですからねえ。ましてや50を超えたおっさんであればなおさらに←あ。ワイのことやで*(^o^)/*

ちなみに。「リアップ(育毛剤)」を買うのは恥かしくなくなりました!
今年はクリスマスケーキを買いませんでした。夫婦二人だと5号サイズは大きくて、かといってそれよりも小さいケーキを買うのもなんだかなぁと感じていました。

決して「ぼっち客」向けだけに照準を絞ったものではなく、DINKSでも需要はあると考えています。
miki .Yさんの原価率に関するコメントが、さすが現場ならでは!有難う御座います~

見出しの一人用ケーキではなく、12月の1世帯当たりケーキ購入金額について。
下がっている要因として、恋人同士・子供の多い世帯で食べるケースが少なくなっているのではという仮説が記載されている。あとは恋人同士や子供がいても、家でお祝いするのではなく外に行くケースも増えているのではないか(そうするとケーキ購入ではなく外食費に算入されるだろう)。
一人で過ごすのにケーキ食べたい人がいるんだ。。。ちょっと以外。
逆に寂しくなりそうだけど。。