【AKB48・横山由依】9人のプロピッカーとの対談から学んだこと

2017/12/26
AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんが、NewsPicksのプロピッカーと対談する「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンはどんな活動をしているのか? 横山さんがピッカーの皆さんと一緒に学んでいく企画だ。
2016年に好評を博した本連載が、約1年のブランクを経て年末に特別再開。今回は特別編として、横山さんの単独インタビューをお届けする。過去の対談を振り返りながら、横山さんの気づきや変化について聞いた。
田原さん、楠木さんとの対談
──連載は、ジャーナリストの田原総一朗さんとの対談からスタートしました。「悩んだときはどうすればいいか」という横山さんの質問に対して、田原さんは「悩んでも仕方ないから、新しいチャレンジをしたほうがいい」と答えていましたね。
【田原総一朗×横山由依】カリスマ性なきリーダーだからできること
横山 本来、私は「先のことを考えるより、目の前のことを一つずつ積み重ねていけば道ができる」と思うタイプです。当時は総監督を引き継いで相当悩んでいた時期だったので、そんな質問をしたんだと思います。
質問には、その時々の自分が表れるのだなと感じます(笑)。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に。
──今なら、何を聞きたいですか。
横山 田原さんの趣味や、仕事以外で何を楽しみにしているかを聞きたいです。私は今の仕事が好きで、楽しいこともたくさんさせてもらっていますが、プライベートも含めて、興味の幅が狭いと感じます。
いつか一人で活動する時のためにも、好きなことを増やして自分の幅を広げるのが大切だと思っているんです。