新着Pick

村田製:iPhone向け基板の生産拡大へ-アップルに優先供給 (1)

Bloomberg
(Bloomberg) --村田製作所は米アップルの「iPhone(アイフォーン)」向け電子部品の供給体制を拡充する。薄く曲げることも可能な独自開発の基板「メトロサーク」について、生産拠点を増やし、工場の稼働率も上げる方針だ。村田恒夫会長兼社長が14日、京都本社で行ったインタビューで明らかにした。
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
村田のメトロサークという基板についてのニュース。
メトロサークは、iPhone Xで採用されており、分解記事などを見ると、今後のキーの一つと考えられる(①、②)。
今までに出ている情報を③でまとめて書いた。基本的には村田以外からもAppleは調達しようとしたが、他社が生産できず、村田は元々の計画量以上を作ったが歩留まりが上がらず、足元の業績では記事にあるようにマイナス影響となった。
今回の稼働率をあげる、増産をするというニュース。稼働率の計算式は分からないが、歩留まりが上がっていない状態では上げないと思うので、歩留まり問題の解消に一定の目安が見えているのだと思う。歩留まりが改善するだけでアウトプットは増えるが、加えて生産拠点を増やすということは、今後のApple製品や他社製品で一層の採用拡大が見込まれることの示唆以外の何物でもないだろう(それに向けて村田が戦略的に進めること含めて)。
https://newspicks.com/news/2646045
https://newspicks.com/news/2702706
https://newspicks.com/news/2676841

ちなみに、プライマテックの買収(下記)含めて、メトロサークはPicks内のテック系のPickerの皆様の間では昔から注目されていた。
https://newspicks.com/news/1869881
村田は今期iPhone X用のメトロサークで大損こいた訳ですが、背景は生産性の高い大型の機械を生産立ち上げと同時に稼働させ始めたことと、根本的なメトロサークの設計が難し過ぎたことだそうです。Appleは台湾のCareer社に代替供給を依頼したが、Careerも生産性をなかなか上げられなかったそうです。村田は生産性は低いが歩留まりが高い小型の機械設備をわざわざ導入することで増産して受注数量をなんとか届け、その間に大型の機械の歩留まり改善に注力してたそうです。現時点では村田もCarrierも歩留まりに問題はないとしてますが、根本的な設計が難しいという問題は解決されておらず、来年のモデルに生産が移行するまで尾を引きそうです。
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
4.40 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績