新着Pick
566Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケティングでキャンペーンを最適化できるように思えるけれど、私は異なる意見だ。AIで設計されたキャンペーンは、どこも手がけるようになるから、差別化できず、つまらなくなる。

むしろコールセンター業務のように、購買後の顧客サポート側に使えるのではないか? 購入後のサポートは、いまネットでの購買が増えた結果、結局、メールにより無機質な対応に慣れてしまっているが、実際には、そこで人が対応する企業が復活してくると思う。しかし…、その領域でAIとのコラボすることは、人間らしさを保ちながら、企業は価値を提供できる。
幻想的なイメージが漂うAIは、企業で使うにはそれなりの課題がある。今回はインフォグラフィックを用いて、主な5つの課題と解決策を表現しています。
この連載について