新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

57Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日で北朝鮮特集も最終日。締めに、日本はこの状況とどう向き合うか、コラムを執筆しました。複雑な問題なだけに、簡単な答えを見出したくなる風潮がありますが、それには手痛いツケがつきまとうことも。従来とは違う切り口や視点を提示しようと心がけましたが、この特集が北朝鮮問題への理解を深める上一つの材料となればと思います。
私も2002年の小泉訪朝を高く評価します。
その後の拉致問題報道を熱心に読んできたつもりですが、その報道自体はどんどん対北朝鮮戦略から離れ、非常に拉致だけにこだわっていると感じます。
素人のマスコミは田中均をつるし上げ、どんどん対北朝鮮の戦略よりマスコミの好きなスキャンダル報道のやり方でやり、マスコミこそ正義の味方、安倍晋三先生こそ対北朝鮮外交の全知全能の指導者という感じはします。
もちろん私自身も安倍先生を支持し、ぜひ北朝鮮問題を安倍先生の内閣で最終的に解決してもらいたいと期待しましたが、だんだんマスコミにハイジャックされてほんとうの柔軟性のある安倍時代の対北朝鮮外交が出来たでしょうか。
北朝鮮に圧力を掛けたら問題は解決できるならもっと徹底的にやるべきですが、日本の圧力によって北朝鮮に屈折させることはほぼないのではありませんか。
日本はもうこれしか対策はないのかと中国ではときどき残念に思います。
たまには日本に行き、テレビに出てくる北朝鮮専門家のご高話を聞き、この程度の情報、このぐらいの認識で北朝鮮を語り、がっかりしています。もちろんさいわい全知全能の安倍先生はおられるのでまだ大丈夫でしょうが、ほんとうにテレビに出る北朝鮮問題の専門家程度の日本対北朝鮮外交ならほかはいわないが、例のデブの三番目といわれる金正雲は声を大きく笑うのではないかとすぐ想像しました。