【山極寿一×山海嘉之】『サピエンス全史』が登場したのは必然だ

2017/12/18
大きな時代の転換期が到来している。われわれの生活・社会はどう変わるのか?ビジネス・経済・政治はどう変わるのか?
年末年始の特別企画「2018年:賢者が予測する"5つの未来"」の初回には「人間・仕事の未来」として、山極壽一氏(京都大学総長)と、山海嘉之氏(CYBERDYNE代表、筑波大学大学院教授)の特別対談をお届けする(全3回)。
※本対談は「ビジネス書大賞2017受賞式」において、2017年のビジネス書大賞に輝いた『サピエンス全史』を記念して実施されました。
『サピエンス全史』の意味
司会者 まずは2017年のビジネス書大賞受賞作、『サピエンス全史』について少し説明させていただきます。
本書はもともと、2011年にヘブライ語で刊行(ユヴァル・ノア・ハラリ氏著)されたもので、その後、読者からの反響を踏まえてブラッシュアップした英語版が2014年に登場。すでに世界48カ国で500万部を突破し、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、オバマ前大統領といった人々から絶賛の声があがっていることでも知られています。
今回の日本語版は、この英語版を翻訳したもので、電子書籍も含め、只今45万部(上下巻)まで部数を伸ばしています。
内容は、7万年前の認知革命、1万2000年前の農業革命、そして500年前の科学革命という3つの重要な革命を軸に人類史を俯瞰するもので、“集団で虚構を信じる能力こそが、人類が文明を築く礎となった”というのが、主題です。
さらに、人間はその文明によって幸福になったのか。そして、未来において人類はどのような形に変化をしていくのか、といったテーマにまで踏み込んでいます。