新着Pick
1673Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今や、ニュース上(特にNewsPicks)では、この5社のいずれかの名前を見ない日はないかもしれません。世界で、これだけ特定の企業たちが、我々の身の回りに影響をあたえることがあったでしょうか。

ただ、日々出るニュースの多さに比べて、実際に彼らがどのようにして「稼いでいる」のか、など具体的なビジネスをみることは少ないかもしれません。特集第6回となる今回は、世界を揺るがす5社の概要と事業比較を、砂田さんのデザインを奮発して、「新常識」として基礎からレポートします。

改めて見てみると、その多様性と、注力領域の違いにまだ驚かされます。

*一部修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。
こういうファクトがしっかり入っている記事、とても好き!

まずセグメントで見ると、改めて各社の収益源がどこにあるのかが分かりやすく、MSが改めて分散している状況が分かる。
そして実額ベースで見た時の規模では、Facebookが売上・純利益ともに小さい(Amazonの純利益除いて)が、時価総額では他社との比率差よりはるかに縮めている。あと、昔SPEEDA総研でここらへんの大手の比較をしたが、ざっくり見た限り売上と純利益がApple・Alphabet・Microsoftともに純利益率が20%前後で収れんする状況(①)は変わっていないように思う。なお、②では今回取り上げていない株主還元の違いも取り上げているので、興味を持った方は見ていただければ
https://newspicks.com/news/1005919/body
https://newspicks.com/news/1131573/body

その他色々比較があるので、各企業が主としている領域は違うものの、それを把握すること含めても分かりやすい記事。
個人的には一番驚いたのが、検索エンジンのシェア。ネットで出遅れたがその後IEのバンドルやMSNの強化をしていったMS。20年くらいたった今、その後Googleも出てきたものの、しっかり残っている…これがMSの究極的な強さかもしれない。
Frightful Five、BIG5、FAMGAと呼び方は色々とあれど、米国の産業を駆動していることでは衆目が一致しているメガテック企業5社。唯一、マイクロソフトは2000年のITバブルの時にも上位にランクインしていて維持しているのが凄い。シスコや通信会社などテック企業で前回のITバブルの時に上位に来ていた企業は軒並み凋落
非常に良い記事!時価総額合計が3兆ドル突破という、テクノロジー領域を沸き立たせている5社の比較がとってもわかりやすく解説されています。

個人的に記者の方と一緒になって、こういう解説記事ができていくのは一番嬉しいことです
「新常識」今から知るのも遅くないのでしょう。ぜひお読み頂ければ!


takaoさん、ishiharaさん、ご指摘ありがとうございました、、修正させていただきました。誤解を招くようなものを公開してしまい、申し訳御座いませんでした。本当にありがとうございます。
"今日ではエネルギーも勢いもほぼ完全に大企業にシフトしてしまっている」"
ちょっと勝てる気がしません。それでもやはりベンチャーの中から彼らに取って代わるプレイヤーが現れるのかな?
記事では「多分野に楔を打っているのがマイクロソフトの強み」と説いていますが、表現を悪くすると「どの分野も中途半端」とも捉えることができます。

それに対し、AppleはiPhoneという突出した収益源を持っています。

どちらが将来的に有望か?
Appleとマイクロソフト…とても興味深いです!
丁寧かつ分かりやすく数字がまとまっている良記事。読む人によって色々な示唆がある。
やはり印象的なのはマイクロソフトの分散っぷり。検索エンジンで三分の一を持ち、Googleと二分しているという印象はなかった。
あとは、facebookの今後の可能性ですね。あれだけマネタイズできるものを持ちながらfacebook一本というのもむしろすごいなあ、と感じます
これはわかりやすい!
「Frightful Five」、これまでも「AGFA(Apple, Google, Facebook, Amazon)」「FAMGA (Facebook, Apple, Microsoft, Google, Amazon) 」などと使われてきたが、「Frightful Five」の方が表現はしっくりくる。
MSの可能性をすごく感じるが、スマホの次を争う戦いはまだまだ目が離せない。さらに、これまでの傾向から考えて、この5社ではないどこかが新たなプレイヤーとして現れる可能性もあると思うし、期待したい。
国家という視点で俯瞰して捉えると、ハードウェア、検索と広告、ソフトウェア、コマース、ソーシャルというそれぞれに強みを持つこの5社を持つ米国の凄まじさにあらためてため息が出ます。中国もカテゴリ別の勝者を意識してますよね。
日本もこのようなカテゴリ別の突出した企業を残すような政策とガバナンスが求められます。ダメになった企業をそのまま温存するような事をやっていては、こんなポートフォリオは生まれません。
分かりやすい比較。各社の注力領域や戦略の違いが垣間見える。
特定プロダクトに依存しないMSの収益バランスは、将来の可能性を感じさせます。
この連載について
かつてテクノロジー界で、一大帝国を築いたマイクロソフトが、大きな復活を遂げている。ビル・ゲイツの時代が過ぎ、スマホ時代の到来とともに、みるみるうちに存在感を陰らせていったが、2014年のナデラCEOの就任から、一気に形成を逆転させたのだ。日本ではあまり取り上げられないナデラの「改革」とは何だったのか。幹部や現場のレポートを通じて、詳らかにしていく。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
133 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア