新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載2回目では、「日本人の個を高めるには」? その方法についての佐々木社長、経沢社長の論じてもらいました。

また、トレンダーズの社長を退任した当時の経沢社長の心境が、赤裸々に語られます。

市場で得たお金を自分で使うことに抵抗があった。子どもの受験に際して書く親の職業欄に書き込むことがなかった…なんとなくその不安が理解できます。
個の力を高めること=自己変革をすること。
つまり、今までの自分とは違うインプットとアウトプットをするという視点が大切。経沢さんがお話されている内容に共感です。

①インプットを変える
・会う人を変える
・読む本を変える
・フォロワーを変える

②アウトプットを変える
・企画にいつもと違う視点を取り入れる
・企画をいつもより一歩踏み込む

大切なポイントとしては、おそらくインプットだけではダメ。
アウトプットの質を高めることが、インプットの質を高めることにつながる。
だって、しょぼいアウトプットしか出せない人に対して魅力的な人=情報は集まってこないですよね。

まずは、Newspicksでコメントすることから笑
「日本人が個の力を高める上で、課題は何だと思いますか?」の答えにとても納得しました。
「同質化された同じ会社など以外の世界を見る」私もそう思います。
「海外語学研修ではありませんが、日本語ばかりしゃべっていたら日本語でしか発想できませんが、現地で英語も使ってみたら“英語思考回路”ができてくる、みたいなこともあると思います」
私はフィリピンのセブ島にいるので記事を読んで考えさせられることが多かったです。
経沢さんは苦労してきた方なので話に説得力と重みがあります。実体験を語られているのでビジネスを考えている方には是非読んで欲しい記事です。
個人の能力を高めるために、確かに、同質化された同じグループ のなかにドップリ漬かることはしないことは大事だと思う。そのほかには、(1)常識的だと思える解釈、解説を疑ってみること。(3)仲間内で親交を深めあって、排他的なムードを漂わせている人たちには近づかないこと。(4)悪口、愚痴、批判は当たっていることもあるが、だいたい非生産的だから、距離を置くこと。
サロンに足を運ぶ、フェイスブックのフォロワーを変えてみる・・・。
ちょっとした習慣で、新しい風を自分の頭の中に入れることができる。
簡単に新しい世界が見られる時代になりましたね。
だからこそ、能動的にそれをやるかやらないか、、で分かれてしまうのだろうなとお二人の話を聞いて思いました。

経沢さんの、アグレッシブさ、同じ女性としてとても参考になります!
そうだったんだwww

>赤いオープンカーに乗って、いいマンションに住んで、収入も増えて、私、結構いい感じ!みたいな、今思うと恥ずかしい感じでしたから(笑)。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。