新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
17店舗からスタートし、現在107店舗、25年800店舗が目標との事。競合は生鮮を扱う中で、強化するのは惣菜や弁当。どこまでベトナムで中食ニーズが高まるか気になるところです。
ベトナムへの進出もさることながら、在日ベトナム人が増えているような気がします。

拙宅の近くに、ベトナム料理の食材の店が出来ましたし、成城石井やKALDIでもベトナム系の食材等が売られています。
ベトナム市場でNo.1になるという意気込みが各社から感じられます。ファミマもミニストップもセブンイレブンもまだまだこれからの状態。
ベトナムでは中食文化は既にあるので、それをどこまで取り込めるか。いまのところ、大学や学校の周りにコンビニが密集していますが、これからは屋台で食べている人たちがどんどんコンビニに流れるでしょう。
すでに飽和状態になっている日本のコンビニ市場。まだ空席が残っているベトナムの市場を奪い合う争いが過熱している模様です。
ここクアラルンプールにもうちの近所にファミマがあります。惣菜コーナー・サンドイッチなどは日本そっくりです。若い人に人気ですね。
東南アジアは政治的概念で、進出しようとすると、実際には個別の国ごとに参入しないといけない。薄く各国に入るより、勝てそうな国に資源投下して小さく厚く面を取るのが良い。
ミニストップ株式会社(英語: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
429 億円

業績

双日株式会社(そうじつ、英称:Sojitz Corporation)は、日本の総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4,505 億円

業績