新着Pick
185Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
前編に続き金王朝打倒後の統治の困難さをイラクやリビアの戦訓から説くのは一見説得力がありそうですが、本当のことを言うと、実は北朝鮮の場合は当てはまらないと思っています。

朝鮮半島は未だ休戦状態であり、北朝鮮の体制が崩壊すれば、これを機に韓国が北進するのは確実だからです。
歴史的、民族的に朝鮮半島が南北に二分される理由は全くなく、統一は朝鮮民族の悲願ですから、戦後も北朝鮮が国家として温存されるというのは、周縁国の単なるエゴにしか過ぎません。

だからこそ、問題は、周辺の三大国、つまり中国も、ロシアも、そして日本さえも、核とICBMで武装し、大量のレアメタル資源を有する人口8000万人の軍事大国が隣に出現し、自国の安全保障が脅かさせるのを好むはずがないということなのです。

又朝鮮半島が統一されれば、アメリカが韓国の軍事指揮権を持つ理由は何もなくなり、伝統的な中華圏に復帰する可能性は相当あります。
こうした変化はアメリカにとっても望むところではないでしょう。

つまるところ、北朝鮮の独裁と兵器開発がある程度黙認されてきたのは、こうした地政学的な力学によるところが大きく、北朝鮮の体制が崩壊すれば、その後継国家をどこが獲得するかによってアジアのパワーバランスは一気に変化することになります。

日本やロシアはともかく、好まぬ形で韓国が北進すれば中国が軍事介入する可能性は否定出来ず、そうなれば米中の世界大戦になりかねません。

朝鮮戦争の時は、中国の参戦はないと誤った判断をした結果、戦局は泥沼化しました。

北朝鮮問題を考えるにあたって、最も大事なファクターは北朝鮮自身ではなく、中国の動向だというのはそういうことなのです。
昨日の記事で「3日間戦争はファンタジー」と書きましたが、武力行使に至った場合、楽観的に見ても戦闘は1〜2カ月でも終わらない、という想定もアメリカで出ています。その後に待つのは戦後統治で、韓国に加えて、中国とロシアという大国が利害をめぐる駆け引きが激化することも想定されます。大国の利害がぶつかり合えば、気の遠くなるような調整・駆け引きが予想され、流血を伴わないとも限りません。日本の目と鼻の先にある朝鮮半島をめぐる東アジアの地政学が激しく揺らぎかねず、トランプ政権が軍事攻撃という手荒い手段を検討する際には、ここまで考える必要があります。
非常に冷静の記事です。
北朝鮮問題となると、日本はどうしても期待論、空論ばかりになりやすいです。
戦争によって北朝鮮問題を解決しようとすると、
たとえばイラク、リビアのような問題が出なくても、
東西ドイツの統一後の経済停滞はまず避けられません。
韓国はかつての西ドイツのような経済力はなく、また中国、日本、ロシアなどの国から半島への支援もヨーロッパの国国ほど集まらないでしょう。
半島の混乱は一層深めていくと予感します。
大山さんの解説がとても分かりやすく、また同意する点。緊張感は高まっているものの、一種の絶妙な均衡が維持されてきた、とも考えられるだろう。ただ、正の均衡ではなく負の均衡で、均衡を持続するにも変えるにもリスク・コストが極めて大きいのが現状という印象。
この記事に欠けているのは、中国が果たす役割のことであろうと思います。北朝鮮の体制転換を起こす場合、現時点で主要なプレーヤーとなる可能性が最も高いのは中国でしょう。
・金正恩体制を排除する
・核兵器と弾道弾を廃棄する
・安定した新体制を構築する
この三つを実行する能力と具体的な計画をもっているのは、米国でも韓国でもロシアでも、ましてや日本でもなく、中国だけでしょう。韓国はひたすら現状維持を望んでいるように見えます。
実際、中国は人民解放軍による侵攻の訓練や難民が流出した際の予防線構築なども含め、具体的な準備に入っているように見えます。
北朝鮮の側も政権から民間に至るまで「中国が攻めてくる」ということを間近に迫った脅威として恐れていると聞きますし、それは米国や韓国への警戒とは比較にならないリアルな脅威でしょう。
仮に戦争で勝ててもそれはゴールでなくその後の統治がより重要だし難しい。
仮にM&Aできたとしてもそれはゴールでなくその後の統治(PMI)が重要だし難しい。
その意味で、ミッドウェー海戦の頃にはアメリカは詳細な日本の統治プランを既に持っていた、という話しは、M&Aを考える際にも大変示唆深いですよね
実際に戦争が起こるとすると、アメリカと中国とがその後の朝鮮戦半島の統治に合意した時だと思います。

個人的な意見は控えますが、中国では一部台湾や日本を巻き込んだ交渉の推測も出ています。
基本的に中国はアメリカのアジアにおける戦力を落としたいと思っているので、北朝鮮の統治を韓国がすることを中国に認めさせる代わりに、アメリカが台湾の中国への併合に協力するというシナリオです。
他には、日本と韓国からの米軍の引き上げも交渉材料に使われるというシナリオを提示している人もいます。
韓国が統一コストを一国で吸収することはおよそ不可能なので、米中を中心とした関係国(当然日本も含まれる)の支援は不可欠でしょう。加えて中国の反発を考えると、(米国軍の支援を受けた)韓国軍が北進して、軍事的手段で半島を統一するというオプションもおよそ現実的でないと思います。

したがって、軍事オプションと半島統一には大きな隔たりがあると思います。
北朝鮮が崩壊した後が問題だよね、ここ数年アメリカが内政干渉した国はみんな内乱になってるから、中東が内乱になってる原因は多宗教国家とSNSによる情報拡散
日本が戦後乱れなかった原因は多宗教国家ではない点、あとは絶対的な象徴だった天皇をうまく利用したこと、そのあと日本のメディアの支配し反米感情を芽生えさせなかったこと、中国の歴史上自分の政権が固まっていない時に絶対権力者を殺すと内乱が必ず生じるのよ、だから曹操も皇帝の座につかず、漢の皇帝を殺さず利用する手段を選んだ
東アジアにおける現在の微妙なパワーバランスが崩れた時に何が起きるか、しっかりと見極めた上での対応策を望みます。