新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

273Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
例えば、ある事件があったときに、「リモコンで殴ったかどうか」が大事と考える人もいるし、「大相撲界の体質が問題」と捉える人もいるし、「支配的な先輩後半関係を必要とする人間の業」に注目する人もいるし、それぞれ見えるものが違うんですよね。
事象を同じように見ているのに、「本質」なり「要点」なり、そこで見える「見えないもの」が違う。起きて活動している間中違うから、一日でもものすごく差がつく。例えば一人の冨山和彦さんがすごいのは、その見え方(見える本質の本質具合)の差だなと感じています。これが「見える力」。
一方、現実の世界で何かしら結果(入試問題の解答・仕事上の成果など)を出すためには、見えるだけではダメで、「要約力」「論理力」「最後までやりきる力」などが必要で、それらをまとめて「詰める力」と名付けました。
学習面では、計算のようなメカニカルな作業力・基盤力以上に、社会で役立つこれら思考力をどう伸ばせばよいかこそが一番大事でしょう、というのが花まるの軸になっています。
加えて、人間世界で生き抜くための人間関係力を育成するには、異学年異性のしかも初めて会う子どもたちと仲間になり生活するという、経験総量を上げることが大事と考えています。
それらのための、「なぞぺー」・「Think Think」だし「野外体験」だし「親のための学びの場(講演会)」なのです。
「思考する力が高い、つまり頭がいいとは、第1に見えないものが見えること。例えば、図形で言えば補助線や立体の裏側がすぐに見えたり、人の言っていることの要点とか本質という見えないものが見える力です。そして第2に詰める力。集中した読解である精読力や論理力、そして最後まであきらめずにやりきる力などです。」(記事引用)

ここで指摘されているのはIQ的な思考力(知性の力)かもしれない。本記事「メシの食える大人」になるためには、これにEQ的要素(感情の力、豊かな心)があった方がよい。

社会とは人間関係の世界でありそこで決定的に作用するのが感情だがらだ。大人は好き嫌いの感情をあからさまに言わないが、かならず心のエネルギーとしてもっている。会社などの組織を動かすのは仕事の目的を理解する知性ではなく(もちろんそれは必要だが)、その仕事に納得し心からやりたいと思う感情の力だ。

そしてこれからのリーダーには、SS的要素(スピリチュアルな力、世界を動かしているものの根源を洞察する力)が必須となっていくだろう。世界の危機の奥にあるものを洞察し、より共生的で調和的な未来を具現化するイニシアティブによって、多くの人々が安心してメシが食えて繁栄できる基盤ができる。
【第16話】「メシが食える大人になるために大切なのは、まず思考力」と語る高濱正伸さん。どんな力を鍛えればいいのか?
「なぞぺー」を実際に解いてみると時々ハッとさせられる時があります。既成概念で考えてしまい新たな発想が生まれない、気付かない。カラダもそうですが、アタマも柔らかい方がパフォーマンスは高いと感じます。
資格やスキルなど、即物的なものに偏りがちになりますが、、
高濱さんの言う通り、思考力、詰める力を鍛えることを、どのように制度として推進していくかが求められている気がします。
花まるグループに入社したきっかけのひとつが、ただキャッチーなそれっぽい表現でなく、見える力・詰める力という、大事なことをガツっと掴むワーディングに心底納得し、感動したことだったのを思い出しました。
思考力(見えないものが見える)と詰める力。

不確実性の中でもがく経験、ストレス耐性は間違いなくつく。
なぞぺー面白そう。自分が子供の頃にあったらなぁ。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。