新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

199Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
読みながら、もう自分はジョンより20年近く生きてしまってるんだなと思いました。
世界にはビートルズも好きだけど、ジョンのソロアルバムがもっと好きという、「ジョンの子」が結構いるんです。あの深みを共感できるという意味で、すぐに心を許してしまいます。
例えば、ある場所で誘われて生け花をしたのですが、飲み会で有名な社長さんがいて、雑談の中で音楽何が好きかという話になりました。「ロックが入り口ですかねー。ジャズやクラシックも好きですけど」というここまでは集中力レベル2くらい。「ロックでは何が?」と聞くと「僕はちょっと変わってて、ジョンレノンのソロなんですよ」と聞くと、いきなり集中レベル10に。「え?!僕もですよ。じゃあ『せーの』で、一番好きな曲言いましょうか」となり、「せーの」で出たのは、彼はGOD。僕はGODと悩んでNobody loves you。
そのとたんに会ったばかりなのに、深く深く抱き合いました。すみません、マニアックで。
絵でも映画でも本でも、何でもいいんだと思います。本当に深く感動しているか、借り物のの言葉を言ってるか。心の目で見れば違いは明確です。
【第11話】東大に入学した高濱正伸さんは、今度は4年間留年します。いったい何をしていたのか? 常に面白いことを追求する「高田馬場クリエイティブクラブ」の活動に熱中しました。何事もとことんハマる姿勢が今日の高濱さんを形作ったのでしょう。社会人もこの活動をやってみるといいかも。
経済含めて、いまよりずっと寛容で、本人含め4留してでも追求すべきなにかがあると思えた時代なんでしょう。
まあ東大は入ることに価値があったからね
高濱先生がよくおっしゃってる、自分の力で稼ぐことができる子供たちの原型がここにあったのですね。
アートの必要性を説くリーダーが最近多くなってきているけれど、借り物の言葉を出ていないというのが当フィールドの方達の意見。

やはり理論でよりも、心震わす感動を体験する。
これは高濱先生が教えている子供たちだけでなく、大人にとっても重要なことですね
思い切り外で遊ぶ。まだまだ高濱先生の遊びは続いていきます。
元々エネルギーレベルの高い方なんだということが良くわかる。
心が震える体験をいつも求めたいんです
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。