新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資金調達について、これで僕自身は4回目なので少しだけメモ代わりにコメントしておきたいと思います
CFO不在で26億くらい資金調達してきましたけど、毎回重要だなと思うのは下記3点です

1:事業の見立てと進捗の力強さは、CEOが資金調達に時間をとられていても大丈夫な状態をつくれないといけない(CFOがいたとしても)
2:クロージングまでの時間軸を見誤らないための精度の高いバリュエーションとターム
3:帽子の被り分けを誰とどうやるか?

1が最も重要かもしれないですけど、要するに強い事業チームになっていること
そしてその場合には、実行していくための戦略がシンプルかつシャープである方が望ましいと思います
2と3は絶対にCFOが社内にいた方が良いと思いますが、我々の場合は社外取締役の堤さんのサポートが大きいなと思います

という資金調達のTipsみたいな話はさておき、動画広告市場はグローバルに急速に拡大しているトレンドです
先日のFacebook Marketing Partnerの認定も踏まえて、グローバルなクリエイティブプラットフォームの構築に向けて、資金の充填も完了しました
ここから思いっきり踏んでいきますので、ローンチスタッフを募集してます
新しいプロダクトを立ち上げてくチームメンバー大募集中です
※CFOも募集してます
何となく関係者が多そうなので書きにくいんですが、これ、たぶんダウンラウンドの資金調達ですかね。たしか過去にも1回やっていたような気もするので、2回目。今回はラストチャンスで、これでうまく行かなければ、普通に考えたら、次は救済M&Aでしょう。
ただ、私が言いたいのは、そんな一般論ではなくて、この背水の陣で、リストラして、次の事業の突破口をみつけてきて、それでもファイナンスを成立させるという、気合と根性は、スタートアップのCEOとしては、本当に素晴らしいなと感じました。
先日、以下の「しくじりCEO」の中でも話されてましたが、諦めずにゲームを続けられるのは、本当に尊敬に値するべきであるなと思いました。

<参考記事>
https://blog.peatix.com/peatixevent/evangelistreport/shikujiriceo_171114_2.html
■本文より一部抜粋
チームのメンバーが「もうダメだ」と思った時に絶対にダメになる。逆に言うと、ファンダメンタルズがズタボロでも、チームのメンバーが全員「いや、これはイケるぞ」と思っていたら、多分そのゲームは続くんです。
みずほキャピタル株式会社(英称:Mizuho Capital Co., Ltd.)は、みずほフィナンシャルグループ傘下のベンチャーキャピタルである。みずほ銀行ほかみずほグループ系企業を主要株主とする。 ウィキペディア
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.06 兆円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
5,143 億円

業績