新着Pick
242Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
街の本屋と構造が似てるのは儲からない理由だ。両方とも昭和までは相当楽に儲かる業態だった。戦後すぐの銭湯なんか濡れ手に泡だった様子。ファミリービジネスで暖簾分けしていく感じだったらしく地域の名士だった。それは本屋も同様。再販価格維持制度と委託販売でリスクなくバンバン売れて行った。両方とも土地建物を所有してたから最近まで生き長らえているだけ。要は濡れ手に泡で儲かってた時期の人達が思考停止してるだけ。だから多くの銭湯はなぜかドライヤーに30円の現金が必要だったりタオルとかに細かく課金してたりと利用の仕方の変化に対応できてない。そして組合に入ると料金設定が自由にできないのも問題。逆に言うとそんな呪縛から離れれば本屋も銭湯も人が交わる場所として非常に有望だ。書店は既にSPBSというロールモデルを作った。つぎは銭湯で作る。ノスタルジーを維持するための補助金みたいなものは最悪の選択肢だ。
湯船につかるだけでなく、ぼーっとベンチなどに座っている時間というのは、自家風呂ではできない体験。どってことはないのですが、なぜかあの時間が好きです。

記事の最後にあるように、小さい頃から父親と公衆浴場に行っていたことで、集団生活のイロハを学んだ側面もあったのかもしれないな、と振り返りました。

それにしても、都内で銭湯の廃業がラッシュを迎えているのには、こうした歴史的事情があったわけです。
どこかの大きな企業がCSRや広報宣伝の場として古い銭湯を買い取ってリフォームとかしたら面白そうです。自社のファンが集まるような。
ヤッホーブルーイングの「よなよな湯」とかあってみんな風呂上りに「よなよな」や「水曜日のネコ」飲むイメージです。ファン交流会もかねてイベント打ったり。ライブや上映会やったり。
まあそう考えると、イベント会社が所有してイベント会場として活用するというのもありますね。古い映画館もそういう形で残るといいのですが。。。
「だったらお前やれよ」ってブーメランが飛んできそうですが。
記事中に出て来る「久松湯」はよくいきます。連休が重なったりすると待ちが出るほどです。施設もよいので投資が出来さえすれば成り立つのかと思います。

銭湯ファンは多いのでお金を出し合って運営するようなことができたらいいなと銭湯の記事を読むと毎回考えています。
銭湯といえば最近だと銭湯絵師さんの記事が強く印象に残っています。従事されている人が少ないというだけで希少価値を感じますが、銭湯の存在意義が問われている中、その仕事に対する姿勢については学ぶべきものがあるように感じました。
仕事に信念を持って取り組んでいる方というのはやはりカッコいいですね。
https://newspicks.com/news/2550218

個人的には子供と一緒に銭湯に行った時の周りの方々との触れ合いが好きです。スーパー銭湯や温泉に行きがちですが、昔ながらの銭湯があればぜひ行ってみたいです。(おじいちゃんと昔行った銭湯もうないよなぁ。。)
巨大なスーパー銭湯ではなく、小さい銭湯に付いているサウナと大きなお風呂は物事を考える時に私は愛用することがあります。入浴料金は一律でもサウナはばらつきがあるようですから、この部分(というか入浴以外の部分?)は改善によって収益源になり得るということなのでしょうか?

いずれにせよ非常に面白い記事を読ませて頂きました。街の本屋さんとの対比が分かりやすかったです。
数年前、「銭湯ぐるい」になった時期がありました。仕事帰り、休日。はたまた旅先や出張先のホテルの付近にて。
銭湯を選ぶ基準は井戸水使用と水風呂があるか無しか。
温泉だとなおよしですが、井戸水を通してその土地のエキスを肌から吸収できるような気がして。
それがツボでした。
熱すぎる湯を、その土地の主たるオバサンの目をかいくぐって水でこっそりぬるめるスリルだとか、水風呂に入った時の、全身の細胞が泡立つような爽快感…!

銭湯は文化として形態を変えながらも残ってほしいと切に思います。
銭湯に法人契約の仕組みつくって、銭湯ミーティングできるようになったら使いたいな。
しぶい!街の本屋さんと確かに似ている。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート