新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

305Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ふふふ。西麻布銭湯計画はちゃくちゃくと進んでおりまするよ。銭湯はものすごいビジネスチャンスあると思います。そしてルフロエキスを入れると温泉に早変わりです。
年の瀬も寒さも迫る本日より、すこりゆるりと銭湯特集を前編後編でお送りします。鹿児島出身の僕自身は、銭湯ではなくボロくて小さな「温泉」がかつての東京の銭湯と同様、近所に数件はザラにあって、高校までほぼ毎日のように「公衆浴場」に通っていました。

東京でも浴場を求めて銭湯に入って最初に驚いたのが、その「湯温」。冬の寒い日にはその温度差で「アツっ」というのが定番で、出ると身体がジワリ赤くなっている。が、不思議なもので徐々になれ、出るころにはポカポカになるものです。で、東京の銭湯がなぜかくも「熱い」のか、今回初めて知りました。

家から徒歩1分ほどのところにあった古き銭湯は昨年末に廃業となり、今では銭湯をふらり求めて電車や自転車で向かいます。明日の後編では、なぜ銭湯の「廃業」や「リニューアル」が今、相次いでいるのか、その背景にも迫ります。
「サ道」に代表されるようなサウナブームも追い風になって、銭湯も熱いですね!!記事内で銭湯を改革していく長沼三兄弟の話は、衰退する旅館業界を変えて行く星野リゾートを思わせました。

余談ですが、中目黒駅徒歩2分の光明泉もリニューアルして露天風呂&サウナ付きになってからよく行くようになりました。サウナ→水風呂→露天風呂/炭酸泉→サウナ…のループはととのいまくりますね。
銭湯大好きー、という方の内容の記事ですね 笑

個人的に好きなオールドスタイルの銭湯は北千住の梅の湯。1927年開業だそう。昔近くに住んでいてよく通っていました。当時は薪で沸かしていたはず。
ニューウェーブでは南青山の清水湯。こちらは会社の近くでアクセス良好。創業からは100年以上もの歴史があるようですが、2009年にリニューアル。サウナが好みで、サウナと水風呂を10分交代で3セットやってます。笑
デザインもゆるっとした文体もすべて素敵!
銭湯、けっこういく方ですが記事読むと知らなかったことけっこうありました。しかし銭湯ファンってなんで男性が多いんだろう。
銭湯、サウナファンです。
交代浴は疲労回復にいいしオススメです。

東京は銭湯は多いですが、廃業する銭湯も増えています。
銭湯文化は持って欲しいので、興味を持つ人が増えて欲しい。
燕湯は、大阪から東京に高速バス移動した後に何回か使いました。懐かしい。

以前コメントしましたが↓
電子図書館×銭湯をつくりたい。
先日に防水機能を備えたkindleが出ました。

お風呂で読める「Kindle Oasis」発売 7インチ画面で読みやすく
https://newspicks.com/news/2551389/

文学小説銭湯
ビジネス書銭湯
料理本銭湯

などなど、
本のカテゴリーごとに銭湯をつくって、コミュニティ形成したら面白そう!
なんだ?!この面白そうな連載は!!
外は寒いし、銭湯に行きたくなっちゃいますね。

戦後焦土となった東京で、一旗あげようと北陸から若者が続いた。まるで今のベンチャー企業みたいな熱気を感じます。
いや、48度は熱すぎでしょ…

ある産業が特定地域の出身者というのは、たまにある。米国のモーテルもインド・グジャラート州出身者がかなりの数のオーナー。そこには移民時の経済合理性があったというのを下記で読んで、とても面白かった(投資の本でこんな話が出てくるとは…)
http://amzn.to/2AywOv1

銭湯というか大きいお風呂でしっかり肩まで入って足も伸ばしたーい!と思いつつ、往復が面倒という…習慣化が重要で、やはり家にあるというのは本当に便利なもの。でもたまには銭湯や温泉はよい!
スナック・小料理屋・料亭などなど昭和っぽいサービスが民俗学や考現学的な面白がり方含めて復権していきそう。

衰退するところまで衰退したらあとは地位を確立して質のいいところが根強く残る・・・というのはいいですね。
本屋さんや町の電気屋さんなど商店街的なものもそこに活路を見出したほうがいいでしょう。
極端なところでは歌舞伎や文楽などもそんな感じで今まで残ってきていると言えますし。