新着Pick
476Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恥ずかしながら、建設業界については全く無知なのですが、小柳社長から聴いた業界の現状はあまりにイメージどおり。しかも、新風を吹かせるベンチャーも少なそうな中で、この異色の賭けがどこまでブレークスルーを起こすのか、期待しながら見守りたいです。

落合さんのインタビューと合わせて読んでもらえれば。
マイクロソフトの特集の中で、地方のオーナー企業が!若い社長のチャレンジ、素晴らしいですね。そして、それに応えたマイクロソフトも素敵!!

>今は、こうした新たな変革は、うちのようなオーナー企業しか、できないのじゃないかと思ってきました。

こういう気概を持って、日々経営に取り組みたいですね!!
今まで平面的かつお互いのメンタルイメージでしか人と人が情報を共有できなかった世界に、身体性を伴う実スケールの体験として、「想像図」が共有できることが、この、MRの価値で、コミュニケーションのありかたを大きく変えるはず! 未来キテル!
新しいテクノロジーを作る人とそれを使って産業を変える人が両方揃って世界は変わる。
この事例は凄く良い事例ですね。
オーナー企業がそれに適しているのも同感。
「これまでは、図面は、職人の『頭の中』にありました。もちろん3Dの図面のシステムもありますが、中小企業では、2Dの図面を職人の脳内だけで完結していて、3D図面への抵抗感さえありました。ただ、今後はそうした状況が変わってくるはずです」
先日TMSでVR・MR体験を色々した。やはり自分の全視野にリアリティをもって表示されるというパワーはとても大きい。
今は模型を作るが、それが3D CADからそのままゴーグル被ってという形になれば設計段階でもよりイメージが湧きやすいし、記事にあるように施行の際にも使えそう。

一方で、これは素人考えかもしれず、実際に建築に携われている方から見た時にどう考えられるかもぜひ伺いたい!
キップマンと建設ってパッとつかながらない印象でしたが、中身読んで納得。
この連載について
かつてテクノロジー界で、一大帝国を築いたマイクロソフトが、大きな復活を遂げている。ビル・ゲイツの時代が過ぎ、スマホ時代の到来とともに、みるみるうちに存在感を陰らせていったが、2014年のナデラCEOの就任から、一気に形成を逆転させたのだ。日本ではあまり取り上げられないナデラの「改革」とは何だったのか。幹部や現場のレポートを通じて、詳らかにしていく。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
149 兆円

業績