新着Pick
493Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビル・ゲイツが、ナデラと語る貴重なインタビュー。ジョブズと自らの経営スタイルの話や、ほかのテクノロジー「BIG5」の話がでてきて、実際に競合をいかなる形で意識してるか、などなど本音が見えて、すごく興味深いです。

もちろん、トップが一番重要なのは間違いありませんが、「ナンバー2」の振る舞い方というのにも言及しているのも、面白かったところです。

ちなみに、ゲイツは今、「投資家」として、財団も含めて、未来投資を進めていますが、そのポートフォリオが大変興味深い。本記事でも少し紹介してありますが、一度より、深く調べてみたいと考えています。
61歳のビル・ゲイツ(創業者)と50歳のサティア・ナデラ(現CEO)のマイクロソフト対談!!2人ともこの年齢とは思えない老成感というか悟り感がある一方で、とても未来志向。これは親子関係で悩むオーナー企業の創業者/後継者の双方が読むと良いかもしれません。

特に面白いなと思ったのは以下3点。

1. 創業者を使い倒す!!
創業者を登用し、「刺激する力」として活用するのがすごい。「ビルに会った人間は、自分のベストを尽くした仕事がしたくなります。…誰も知的に怠情であったり、不誠実であることはできません。」(ナデラ)とか言われたら、創業者も断りにくいですよね。人使いがうまい(笑)

また、社会イノベーションを推進するゲイツ財団が直面する課題意識、例えば汚職防止のための電子通貨活用(デジタルトレーサビリティ)など、を製品開発にフィードバックしてもらっているようで、これも引退した創業者としては断りにくいはず。というか、楽しいし、嬉しいと思われます。

ポイントは、ビル・ゲイツもわきまえているし、ナデラもうまいし、お互い未来志向なところですかね、やはり。


2. 企業文化を土台から変えるスピード感
「サティアには私の時よりも多くのフィードバックが彼に返ってくるようにするための天賦の才能があります。」(ゲイツ)このように自分と比較して後継者を褒めることができるのは、後継者に対する最大の追い風になりますよね。また、「ハードコアから共感」という、これまでの自己否定とも言えるような企業文化の変化を、創業者が存命の間に起こして行くというスピード感がとても凄いな、と、

ところで、サティアの「知ったかぶりより知りたがり」というキャッチコピーが最高に良いなと思ったのですが、英語だとこの部分なんて言うんですかね。


3. ちょいちょいと感じる、ゲイツのアップルに対するライバル心
企業文化の変遷のところで急にジョブズがMacの開発チームを酷使して1年以内にみんな辞めたエピソード話したり、テクノロジー研究開発費のところでアップルは金があるのにマイクロソフトより投資が少ないと言ってみたり。これは僕の読み方が意地悪なだけかもしれませんが、ライバルの存在は良い刺激かな、とも(笑)
岩田さんが自分が思ったことをすでにうまくまとめられていた(有難う御座います!)。
特に「知ったかぶりより知りたがり」という言葉、とても素敵。そこの根底には、「知力でのハードコア(マウンティング)」ではなく「知的好奇心での共感」といった未来志向をとても感じた。
何かを知ることは楽しいし、それを楽しく複数人で知れるともっと楽しいし、それが応用されて未来につながれば最高!
"サティアには多くの人間と働き、人々に何が間違っているかをうまく伝え、私の時よりも多くのフィードバックが彼に返ってくるようにするための天賦の才能があります。"
ゲイツ、ジョブスの系譜に属する狂信的カリスマもいいですけど、意見が集まりやすいリーダーもいい。カリスマは訓練してもできませんが共感は訓練したら身につきますから。
マイクロソフトは後継者選びに大成功しましたね。
ナデラさんはガンジーみたいに悟りの域に入ってる印象です(笑
ビジネスも何事も、感情が人を動かします。
ナデラさんのように冷静で、他人の立場を理解して厳しくも人間味を持った接し方をする人なら周りも奮い立ちついて行きそうですね(^-^)
ナデラ氏は終始穏やかな印象で「攻撃性」を全く感じないのは、もちろん人柄もあるんでしょうが、他社のシェアを奪うのではなく、未来に投資している感じがするからなんだなあ、と記事を読みながら思いました
ハードコアの代表格である我々の事業ですが、
PMIを通して、
最近感じているのは、ナデラ氏の言うような、
「共感」はリーダーシップで、とても大事だと
いうこと。

ただ、どちらかに振れるということでなく、
この二極を1ミリ単位でバランスさせることが
大事だと思う様になって来ました。

テクノロジーもハイパワーと低コストを求め、
矛盾する2軸の両立が大事ですし、

日本語で言えば、儚い(はかない)という字は人が夢をみると書きますが 、「果無い」とも書き、これは「はかどる/ 捗る/果敢る」という効率的な意味の反対の意味も持っています。

あえて日本人はこの「はかなさ」をも受け入れることで、対極の価値観を醸成していったということらしいです。

言い換えれば、効率性(左脳)と共感・クリエイティブ(右脳)の両立。

そしてこの振れ幅が大きければ大きいほど、それを両立させている経営・経営者は色気が出ます。

来年頑張ります。

引用
ナデラ 今日では経営者が、かつて無いほどに「ハードコア」であること、何かに突き動かされていることが不可欠になっています。
けれども、そこには謙虚さが必要です。
私がなぜ「共感」という言葉を使ったかというと、我々の行っている事業は顧客の満たされていない、まだ分かっていないニーズに応えることだからです。それこそがイノベーションなのです。そしてそれをうまく行うためには共感と好奇心が不可欠なのです。
うまくいったよねー
この連載、カリスマ創業者から次、次の次にバトンタッチしてもなお、高成長を続ける秘訣が満載だと思う。
Microsoft創業者と現CEOの貴重な対談。
お互いをリスペクトし、シナジーを生み出そうとする関係が素晴らしい。

Microsoftが成長し続けているのは、文化を継承すること、新しい文化をつくること。このバランスが絶妙であるからだと感じています。
GEもこの組織文化継承と、新しい文化づくりが絶妙だから成長し続けているのだと思います。

リーダーの選定基準、権限移譲の仕方など、もっとMicrosoftやGEのことは研究してみよう。
この連載について
かつてテクノロジー界で、一大帝国を築いたマイクロソフトが、大きな復活を遂げている。ビル・ゲイツの時代が過ぎ、スマホ時代の到来とともに、みるみるうちに存在感を陰らせていったが、2014年のナデラCEOの就任から、一気に形成を逆転させたのだ。日本ではあまり取り上げられないナデラの「改革」とは何だったのか。幹部や現場のレポートを通じて、詳らかにしていく。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
149 兆円

業績