新着Pick
486Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「三菱総合研究所」と聞いて、皆さまはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

私は、日本最大のシンクタンクとして、官公庁向けの調査研究活動を担う企業というイメージを持っていました。

しかし、それは三菱総研の一側面に過ぎません。私が所属するコンサルティング部門では、業界を代表する大企業を中心に、足元の全社・事業戦略や業務・制度改革の支援に加え、新規事業開発や長期ビジョンの策定といった、5年先や10年先の業績につながるような成長戦略を強力に支援しています。

私の所属する部署は対応する案件のテーマが幅広く、1人のコンサルタントはあらゆる業界企業の多様な経営課題の解決に取り組む機会があり、経営のプロとして幅広い知見やノウハウを蓄積できます。

今回の記事を通して、1人でも多くの方々に三菱総研のコンサルティング業務の魅力をお伝えできれば幸いです。


追記:
「10年計画を描ける」と書かれていると、何だか怪しげですね。占い師のようなことはしておりませんので、ご安心ください。苦笑

厳密には、既存事業の枠を超えた事業検討や創立100周年や新社長就任などを契機として新たな長期ビジョンを打ち出す必要が出てきたクライアントの現場担当者と一緒に、政策動向や人口動態等の比較的予測可能な情報や生活者アンケートやインタビューの実施、その他国内外のライフスタイルやビジネス等のトレンド分析などを行いながら、新規事業開発であればコンセプト策定からビジネスモデル設計、外部のクリエイターを交えたプロトタイピング等まで、長期ビジョンであればビジョン策定から社内外への浸透施策の検討・実施、場合によってはリブランディングや長期計画策定までを支援しております。

未来を正確に予測するのではなく、現在見えている変化の兆しを捉えながら、クライアントと一緒になって、未来に向けて他社に先行して取り組むべきことや目指すべき企業像などを具体化していくようなお仕事をさせて頂いております。
このような未来志向のお仕事に関心があれば、ぜひ一度弊社までお越しください。
10年先とか詐欺師かよ
NPさんも考査ちゃんとね。(タイトル自分たちだったらちょっとずれてるよ。)
自社についていろんな方が(辛辣に)コメントしてくださる機会というのもそう無いので、なかなか興味深く見ています。(コメントが他人行儀だ、とか言われるんでしょうか・・)
一つ気になる点としては、たしかに記事中の「10年先の未来を見通すことができる」というのは言い過ぎだし、10年先の未来なんて分からない、というコメントもその通りかと思うのですが、じゃあ正確に予見できないからといって10年、20年スパンで物事を考える人がいなくていいか、というとそうではないでしょう。入試問題が正確に当てられないから入試対策は無意味だ、と言ってるようなもので。
コンサルとしての三菱総研がどうなのかはさておき、社内にいて思うことは、定量的なデータや政府の動向などから客観的に未来の姿を考える活動が多い会社だと思います。決してキャッチーな大風呂敷を広げるのが得意では無いのですが、役員から新入社員まで、社会をよくするにはどうすればいいか、ということを真剣に考えている人が多いと思います。
とはいえ、別に三菱総研は当たりもしない未来予想専門の会社では全く無いんですけどね。単にそういう仕事もありますよ、ということで。外形的な差別化が難しいコンサル業界の中で、三菱総研の特徴を強調したらこうなった、という感じなんでしょうか。

ところで、帰宅途中のタクシーで深夜の首都高に揺られながら書いてますが、夜8時に帰れることもあるんだなぁ、と笑
30年ほど前、修士を出て、就職で考えたのが、野村総研、三菱総研、電総研、理研、日経新聞、総合商社。野村総研は、リクルートでは、鎌倉のコンサルだったが、辞令を受けて、アナリスト・エコノミストが中心の東京研究本部で新設の技術調査部だった。結果的には、良かった。当時は、まだ外資は不明で、ボスコンなどを蹴って、野村総研に入った同期もいた。
もう、コンサルタントの時代は終わった。コルサル礼賛は無意味
自動走行に関わるレポートを読む限り、時代を先読みできるのか心配ですね。
ダイナミックな仕事のイメージは正直無いですが、長期レンジの戦略策定などなかなか面白そうです。
NPの母集団にあった求人ですよね。かなり応募あるのではないでしょうか?コンサル、金融との相性良さそう。

NRIとMRI

MRI側の情報がやや薄いと感じるのはどういう過去経緯があるでしょうか。
株式会社三菱総合研究所(みつびしそうごうけんきゅうしょ)は、東京都千代田区永田町二丁目10番3号に本社を置く、日本のシンクタンク、システム開発会社でシステムインテグレーター(ユーザー系)。略称は、MRIまたは三菱総研。 ウィキペディア
時価総額
870 億円

業績