新着Pick
261Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「”楽しい”からやっている」というスタンスを是非保ち続けてほしいですね。
数字=再生数、登録者数などを追わないで欲しい。大人のyoutuberは色んな目的があるだろうからそれもいいかもしれないが、子供と一緒にやっているからには「親子で楽しいから」やっているyoutuberであって欲しい。
テレビも視聴率という数字を追っていますが、もう一方で「”面白い”と言ってもらえることが楽しい」をという部分を失うと番組のバランスが崩れます。
収入だってGoogleが目盛りをちょっと変えれば激減したりすることがあることを覚悟すべきでしょうし、ライバルもこれからどんどん出て来て追われる立場になるかもしれない。
でもその時に「楽しいからやっている」を守り続けたら作り続けられるし家族のコミニケーションにもプラスであり続けると思う。
数字を追わず”楽しい”を追う。楽しくないことは数字が上がるかもしれないけどやらない、と決めることがママパパyoutuberには大切な気がします。

そうした先に子供達が「今までにない面白い動画を作る」クリエーターに育つ気がします。
とても心に刺さる記事です。
『家族の思い出として』その純粋な思いって素敵だなと。
YouTubeはそういった目的でも使えるんだと、温かい気持ちになりました。

テレビの仕事をしていると、視聴率や視聴者数で物事を判断しがちになります。

数字が取れるから、あのネタを、と。
皆さん血眼になってスクープを探します。

今年目立ったのは、不倫ネタですかね…。

必要な情報を放送するのはもちろんですが、『心を込めて作る、伝える』ということも忘れたくないな…と改めて思いました。

それにしても…

アンちゃんの夢はアナウンサーとのことですが、
小学生の頃から喋ることに慣れるという環境。。。

幼い頃から積み上げている経験値を考えると…恐ろしや恐ろしや。。。

負けないように頑張ります。(笑)
まあ普通のことよね。ニュースにならないくらいに数年でなるよ
ベイビーチャンネルはうちの子もよく見ています(最近見ていない気がする)
子どもには本当にウケが良く作られています。確か相当な収入があるということも知っていますが、この子達も大きくなってきているので、子役から次へのステップをどうするのだろうと他人ながら心配してます。YouTuber として子役から大人のマーケットに入っていくのはかなり難しいだろうし、あくまでYouTubeで受けているだけの子どもなので、普通の子役になるのも結構ハードルは高いんじゃないかなと思います。
こういう仕事が当たり前になるという父コメント。
なかなかここまで親として言い切るのは、すごいなあ。
今回取材いただきましたが、あんちゃん、りょうくんはご覧の通り親御さんのご支援によりYouTubeをスタートすることができました。世間的には子供がやられているYouTuberは叩かれることも少なくないですが、支援するご両親はお子ささんの自己実現のためにサポートしています。趣味の延長線からスタートして彼らが将来的にやりたいことに結びついていくことを願って今後もサポートを続けたいと思います。
ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社(英語: Sony Financial Holdings Inc.)は、ソニー株式会社の連結子会社で、ソニーグループの金融事業を統括する日本の金融持株会社(中間持株会社)。一般社団法人全国銀行協会準会員。 ウィキペディア

業績