新着Pick
103Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的にはTOBに応じない手はないだろうと感じていました。WPPが賛同して流れが決まったようです。旭通信社のコンテンツの強みは活かせると思いますので、あとは広告事業を全方位的に続けるのかどうかという気がしています。スピンオフの可能性もあると思いますが、人の問題も絡みますので、その場合は景気のいいうちにやりきるべきだと思います。さて、再上場時はどんなエクイティストーリーになるのか大変楽しみです。
87%が応募とのこと。シルチェスターが4月時点で17%保有していたので、反対すればこの応募率にはならないので、シルチェスターも応募したのだろう。
多少は価格が上がるかと自分は思っていた(下記)ので、個人的には少し意外。
https://newspicks.com/news/2537407
デジタル(Dagitilazation)トランスフォーメーションオファリングは、広告代理店トップ2社の背中が見えない状況になりそうです。
さて、どんな動きをしてくるかな。
個人的に付き合いのある人が多い会社だけど、優秀な人は独立したり他社に引き抜かれたりしている。果たしてどれだけのノウハウが残るのか不透明。
株式会社アサツー ディ・ケイ(英語: ASATSU-DK INC.)は、日本の広告代理店。1999年1月1日に旭通信社と第一企画が合併して発足した。略称はADK(エーディーケー)。 ウィキペディア
時価総額
1,520 億円

業績