新着Pick
353Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本は日本なりに培ってきたものがあるので、必ずしも外国人に迎合する必要はなく、業にいれば郷に従えでいい側面はありつつ、とはいえ、外部からの客観的な意見を真摯に受け止めて、改善策を考えるタイミングには間違いなくきてる。

QT:
"回答者の約7割が、外国人であることが理由で機会を与えられなかったり、日本独自の習慣に戸惑った経験があると回答した。戸惑ったことがある日本独自の習慣の具体例としては、「上下関係」や「年功序列」の厳しさをはじめとする組織文化、「会議が長い」「残業が多い」などの労働時間に関すること、「報・連・相」や「根回し」といった細かいコミュニケーションが求められる業務プロセス、必ずしも生産性やパフォーマンスで評価されない「評価基準のわかりにくさ」などが多く挙げられた。"
人気 Picker
「無駄」な会議を卒なく終わらせるために、そのためのまた会議だったり根回しだったり。私自身は会議は最低限で良いと思ってます。30分枠を取っていても15分で終われば切り上げる。その会議で何について話すか事前に共有し、ゴールが共有出来れば「ムダ」な会議はなくなるのでは。

ムダは私自身好きです。ただ、TPO的なものがあるのではと個人的には思っています。会議は、私だけではなく他人の時間を拘束するものです。

数年前は数時間かけてブレストというのも参加したことありますが、リクルートではブレストと言っても1時間くらいでは。少なくとも私は1時間以上の社内会議に参加したことないです…。イベントはありますが。
無駄な会議のための無駄な資料作成っていうのもありますね。
分厚い資料をわざわざ印刷して、夜遅くまで残業して綴じて、会議室に並べて。。。

外資だと、会議の資料は始まるまでに読んでおき、会議は質疑応答採決だけど、日本の会議って書いてある内容が何ですと説明するところからはじめ、結局全部説明する前にタイムアウト。そして資料はほとんど読まれずゴミ箱直行。いつまでたっても終わりません。
無駄な会議をしているから仕事の精度があがるのでは?
仕事の中身にもよるけど、「無駄」って大事。「非合理的」って大事。
なんでもかんだも生産性とか効率性とかいったり、その通り仕事している人たちって将来ロボットに代替されるタイプなんじゃないの?
普段の業務の中に、もっと効率化できるところはたくさんあるはずです。今では珍しいと思いますが、「効率化=楽をすること」と捉えて、従前の業務の改善に否定的な会社も中にはあります。
働き方改革の肝は会議にあると思います。そして最大の問題は責任の所在がはっきりしていないことではないでしょうか。誰が何を決めて論功行賞がどうなるのか決まっていれば、決断のポイントを中心に密な議論が行われてより短時間で会議が終わり決断できます。発表会と会議とは峻別した方がいいと思います。
うーむ、よく聞く話ですが、私はそんなの体験したことありません。弊社は無駄な会議をしないでしょうね。

昔からある大手を対象した調査でしょう(笑)
会議の進め方も下手

業績

業績