新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

352Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局、「ビットコインは、さらに膨らみやすい。なぜなら、ビットコインの価値はゼロだからである」という点をどう整理するかだと思います。ビットコインのマイニングには莫大な電気代と設備投資がかかり、これが価格に反映されている点では金銀と同じだという見方もあります。しかし、銀金と違ってビットコインの用途として思い浮かぶものが今一つピンと来ないという現状がやはり「こんなものはバブル」という思いを想起させていると思います。

私もどちらかというと小幡先生に近い考え方ですが、まだまだ勉強不足でその価値を見極められていない以上、下手なことは軽々に言わない方が良いというポジションでもあります。
人気 Picker
もうすでに何回も暴落してるよ笑笑
投機需要だけであれば、たしかに「暴落」するときがきます。ただ、その利便性を考えると、決済手段として採用する会社が増えてきます。ほんの10分で、ビットコイン支払を導入できますし、翌日、円になって入金されるというサイトの短さも販売者には魅力。さらに手数料が1%程度と、クレカの三分の一以下です。ブロックチェーン技術の浸透とともに、仮想通貨も「実体」として認識され、その価値は、長期的に安定していくと考えます。
ビットコインに関する意見には賛成ですね。小幡先生はインチキとか無価値とかう過激な言葉でおっしゃっておられますが、「価値を測る基準が不明確で、適正価格がわからない」ということ、「素人しか参加していない」ということは事実であり、よって「ネズミ講」であるというのも、実は正しい。買う人がいなくなったときにバブルは崩壊するが、逆に言えば、買う人がいる間は崩壊しない。その性格上、ネットに繋がっている世界中の人が参加できるゆえ、素人の参加者はまだまだ増えるだろうし、よってバブルが続く可能性は強い。

一方、ビットコインについては、CMEが漸く先物市場を作るという。これで今までロングオンリーだった投資(投機)に、ショートの投資家が参入する余地が生まれてくる。市場の価格形成機能がやっと正常に機能するのではないかと期待します。
ビットコインはすでに中国では使えなくなり、主戦場は日本に移り、今は日本がメインとしてマイニングなどをしています。
偉大なる実験ですが、計算によってどんどん貨幣が生まれてくる、これほど面白いことはありません。
問題は、計算機の設備投資、莫大な電気代の使用以外に、ほんとうに価値が生まれてきたのだろうか、いくら考えてもわかりません。
価値のないものが計算によって価値が生まれてくる、しかもどんどん生まれてくる、制限はほとんどない。これではいずれ破たんしていくだろうと思われます。
資本主義の中心地であるアメリカではもう少し熱が入ってきたらいいが、今のところさほどでもないようです。
わからないものには投資しないバフェットの教えが投資の鉄則。
内容は毎度の通りプロの含蓄がありますが、タイトルと合ってませんね(笑)
バブルが頂点に達しつつある時の典型的特徴の一つとして、その批判をすると嘲笑われたり、怒られたりする事。そろそろこのシリーズのコメント欄にも幾ばくかそういう類が見られますね。
ビットコインがどうなるのかわかりませんが、海外で使える決済手段はとても欲しいです。
私はフィリピンから英会話の授業を色々な国に提供していますが、集金がとても大変だからです。
手数料が安く簡単にフィリピンに支払えるシステムはどうしても欲しいのです。
アメリカと仲が悪い国だと銀行送金がつかえません。例えばイランの生徒さんからの集金はとても大変です。
ビットコインでなくても良いので世界で使える安定した金融システムを心待ちにしています。
バブルの特徴は、「必ず暴落する」ことが分かっていても、「どこまで上昇するか」「いつ暴落するか」が全く読めないことです。ビットコインもしかり。なので、バブルにショート(売り持ち)で立ち向かうのはリスクが大きすぎると思います。
株式等の金融商品で金融商品取引業者が顧客に対して行えばあからさまに金融商品取引法第38条「断定的判断の提供」に抵触する文言をセンセーショナルであるからといって実質的に投機的売買が行われているビットコインについて言及する際のタイトル付けに利用するのは少なくとも私は感心しません。