新着Pick
884Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
11月末に発表されるやいなや、話題をさらった採寸用ボディスーツZOZOSUIT。共同開発した、ニュージーランドのセンサー開発企業CEOに単独インタビューを行いました。

大学の研究室で2006年から開発を進めてきたという彼らの技術は、どこがすごいのか。どういうメカニズムで採寸が可能なのかというセンサーの話に加え、1年以上世界を回って出資者を探した苦労話など、深く語ってもらいました。

ちなみに、彼らのセンサーはNASAでの基地のモニタリングにも使用が検討されていて、今年頭にNASAがテストした6社のセンサーのうち、次の審査に進む2社に選ばれたとのこと。今後の活用も楽しみです。
この手の柔らかセンサのポイントは、繰り返し性能です。柔らかくしようとすると、伸ばした後に元に戻らなくなりがちで(一旦膨らませた風船みたいな)精度が下がります。
その意味で、「採寸」にしたのは上手いなぁと思います。日常的に着て何かを測り続けるというような用途になると、何度も伸び縮みを繰り返すので、劣化が早いと思うわけです。採寸ならその頻度がとても低い。
更には、日常使いでないことで、洗濯に対する耐性等にも余り言及しなくて良い。洋服のサイズのバリエーションはそこまでないので、そもそもそこまでシビアな計測精度は要求されない。等々。
記事の途中にもありましたが、見せ方として「採寸」にフォーカスすることで、こんなに良いことずくめになるわけで、感心しました。
もちろん、繰り返し性能も良く、洗濯に対する耐性等も高い製品なのかもしれないですが
素晴らしい出会いですね。そして電池要らず伸縮のエネルギーで動作するのもいい。
ゾゾの新しいプライベートブランドを支えるのが、この不思議なベンチャー企業が開発を支えたゾゾスーツです。その創業者が、Newspicksの取材に答えてくれました。ちなみにすでにスタートトゥデイは出資をしており、今後、出資比率を上げられる契約になっています。

彼らがすごいのは、新しいウェアラブルデバイスの試作品をわずか20日間で、製造までしてくれること。通常は9ヶ月かかるという試作期間を劇的に短縮させています。

今後ゾゾスーツが日本中にばらまかれると、サイズフィッティング以上のさまさまなことが実現できそうです。
記事の内容とズレますが、ゾゾスーツのセンサーは福祉分野に応用してみたら可能性が広がりそうだと感じています。
身体障がい者の洋服、入院中に着るパジャマなどは、その人の個別ニーズに応える必要がある分野ではセンサーデータは貴重。
面白いのは、データが宝と言われる時代で、データを取れるのに、自社はデータプラットフォームにならずに、メーカーに専念していること。資金規模や販売力といった問題もあるかもしれないが、逆にメーカーからは脅威ではなくなる。
ただ、28か国・400以上のクライアントがいるなかで、もしZOZOがオプション行使した場合には、それらのクライアントとの関係をどうしていくのかも併せて気になる。
あと、試作が早かったり、量産まで対応できるという点も気になるところ。企業規模としては量産をしてきたわけではないと思う。そのなかでどうやってZOZOで期待される規模に対応できるようになったのか、併せて競合比で圧倒的に短い試作期間も他社がおいつけないものなのか。

あと、センサーについてはひずみゲージ(抵抗)ではなく静電容量方式と。下記はYahoo知恵袋だが、小さくできるという特徴が比較してあり、それを大量に埋め込むことで精緻なデータが取れるようになっているように思う。
精度とのトレードオフで、牧野さんがコメントされているように、採寸に割り切って繰り返し性能(耐久性)を取りに行ったように推測できる。
http://bit.ly/2AuTv09
ZOZOSUITも凄いが、この企業が目指す「人間の体のデータを集めることで、サービスを作る企業」はニーズがあると思う。きっとZOZOSUIT以外にも人体データを集める製品も作るだろう。

そして競合も出てくる。

着る以外の方法もきっと出てくる気がする。

この会社はもちろん、この業界の競合の進化に期待したい。
次の技術が見てみたい。
人工筋肉の研究の延長で生まれたセンサーや、試作品が20日で出来上がる体制があるなど、また想像が膨らむ内容が書かれていますね。ビジネスとしての肝は、センサーから得られたデータをどう形にするか?
“サイズに合わせた服=カッコイイ服”ではありません。服は体型を整えてくれるツールでもあるので、PBではデータとチューニングをどのような仕組みでやるのかが気になります。
知らないことだらけでした。とても面白かったです。
IoTや自動運転で確実に市場が広がるセンサーですが、下記は重要です。センサーは素子やアッシーでの差別化が難しく、情報を取り出して外部機器と繋げる所まで一体化しないと、事業として成立させるのが難しい分野です。枯れた技術を上手く使いこなして、今のニーズに合わせて事業化してる、突飛さは無いけどチャントした企業という印象を持ちました。

「差別化に成功したのは、センサーというデバイスだけではなく、センサーから取得したデータを集めて外部に転送する電子機器なども合わせて自社で開発しているからなんです。」
この連載について
国内最大のファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイがついにプライベートブランド(PB)を発売する。「WEAR」や「ツケ払い」など、数々のサービスを生み出してきた創業者、前澤友作は、どんな服を世に送り出すのか。テクノロジーによって変わる服作りの「未来」を占う。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.03 兆円

業績