新着Pick
97Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かにA380は、ハブアンドスポークかポイントツーポイントか、という航空需要の読みを誤ったという面は否定できませんが、もっとも不運であったのはデビューがリーマンショック前後の航空燃料の高騰の時期にあたってしまったことです。

A380を発注できるのは各国のいわゆるレガシーキャリアであり、新興航空会社にはとても手が出る代物ではないのですが、そのレガシーキャリアがそろって4発機からは手を引き、双発機である777や787にシフトしてしまったのです。しかしエアバスも黙っていたわけではなく、A380デビュー前の2006年にすでにA350XWBとして777に正面から対抗できる機種の構想を発表していました。

つまり、大型機がそうそう売れないであろうことはすでに分かっていたし、それを見越して双発機を売って利ざやを稼ぐという前提で動いていました。現に、747も新型の747-8については旅客型は航空会社には40機ほどしか売れていません。ボーイングもエアバスも、大型機はフラグシップとしての位置づけ以外には大きな意味をなしていないのが現状です。

ただし、これから大型機にまったく未来がないかというと必ずしもそうは思いません。経済発展の著しい国では空港整備が追い付かない面もあり、発着枠が少ない中で多くの旅客を捌くために大型機の需要が今後出てくるかもしれません(たとえば日本は羽田が拡張されるまでは国内線専用の747を調達し、羽田から伊丹や千歳、福岡など幹線に飛んでいました)。

また、ビジネスモデルとしてもエティハド航空のファーストクラスよりも上位にあたる最上級クラスの「ザ・レジデンス」のように、富裕層向けのビジネスを展開できれば、運航コストの高さに見合うだけの運賃収入が手に入るかもしれません。

なにかうまいやり方はあるようにも思われるので、そこにチャレンジできる航空会社があるとよいのですが、現状お金に余裕があるのは産油国の航空会社だけで、それも政情不安のあおりを受ける可能性がありリスクはとらない傾向にあるというのが残念です。
これは、当然の流れである。
A380に限らず、巨大航空機のプロジェクトは、
過去に沢山の企画倒れを、起こしている。

私がマグダネルダグラスにいた、1995年には
ロングビーチ、カリフォルニアにMD12と言う
総二階建ての、木で作ったモックアップが
あったのを良く覚えている。

同じ理由で、超音速機も企画倒れの連発である。

考えれば当たり前である。
結局、行きたい場所までの移動時間が大切で、
飛行機が小型で、遠距離飛べて、燃費が良いと
小さな空港から小さな空港まで、直接飛べるのである。

一体どれくらいの無駄な乗り継ぎや、乗り継ぎ失敗を
皆さんは経験した事があるだろうか?
直行便程ありがたい物は無い。

過去に、地方空港が無駄と言う話があったが、
この航空機の燃費革命により、意味がでてくる。

シーメンスでは、エアバスと組んでハイブリッド航空機
を開発している。

http://japanese.engadget.com/2017/11/29/2020/

A380は、乗ると素晴らしい機体である。
恐ろしく安定していて、かつ振動が少ない。
しかし、誤解を恐れずに言えば、戦艦大和の様な
もので、世の中の流れからは、外れている。
昨年12月にエミレーツ航空が「ドバイ=ドーハ」という「A380利用の最短路線」を開設しましたが、断交の煽りで半年と持ちませんでした。
長距離がダメなら、こういう短距離で大量輸送ということでしか応用が効かないのが、この機体の弱点でしょう。

カタール航空の路線の中ではドル箱のはずのドーハ=バンコク線でも、A380は姿を消しました。特に拠点となる空港がハブとして機能している場合は、一度に大量に運ぶよりも便数を増やす方が、乗客からはフレキシブルと受け止められ、利便性に対する好感度を上げるのかもしれません。
2005年、試験飛行で飛ぶ瞬間をテレビでCNNかなんかが実況中継していて、それを見ていたのを今でも覚えている。こんなに大きいものが飛んでいる、と。
経済的には、記事にあるようにポイントトゥポイントの787などにどんどんトレンドが移っている。でも飛行機好きとしては、やはりこういう機体も好き。あとは、より航空需要が拡大してくれば、幹線路線についてはこれだけのサイズが必要となるフェーズもまたくるかもしれない。稼働が埋められれば、ビジネスのやり方は色々あるはずで。
エアバス、A380、スカイマークで民事再生の際に解約しました。今となっては、懐かしいです。
ドバイー成田便は今年3月からA380になりましたね。
ビジネスは未だ利用したことありませんが、エコノミーは毎回ほぼ満席だった記憶があります。
二階建てでビジネス席にはバーカウンターもあるんですよね。
ANAもスカイマークでババを引いた印象。
もう10年も経ったんですね。
でかけりゃいい、って発想以上ではなかったので、仕方ないでしょうね。

個人的には断面図見た時に、1番広い部分が客室に有効活用できない構造がどうかなとは思いましたが。1階は下すぼみ、2階は上すぼみなんですよねぇ。フル二階建てなんで仕方ないですけど。
シンガポールからだとドバイ便とかロンドン便とか一部のドル箱路線にしか使われていない。おととい乗ったチャンギからのカンタスのロンドン便は、チャイニーズニューイヤーという事もあってA380も流石に満員だった
これが読めなかったのですね。ITから見ると時代はそちらに見えていたが…「航空会社は、ハブ・アンド・スポーク方式からポイント・トゥ・ポイント方式へと移行した」

業績