新着Pick
953Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつもNewsPicksをご利用いただきありがとうございます!
街のイルミネーションが眩しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先週に引き続き、下半期にプッシュをお届けしたニュースやPick数の多かった記事を参考に「重大ニュース」を選定させていただきました。
下半期も様々なニュースがありましたが、個人的にはビットコインや物流業界の値上げ(などからの働き方改革等々)といった動きは、来年も大きく変化するのか注目しています。
ユーザーの皆様が気になったニュースや個人的に注目したニュースは何ですか?コメント欄で教えていただけると嬉しく思います!

重大ニュースのまとめは最後となりますが、2018年もNewsPicksをよろしくお願いいたします。

追記)内輪ネタですが、ニュース選定はわたしだけでなく平山さん、加藤さんも一緒にしていただきました、コミュニティチームの古屋さん、小野さんにもアドバイスいただきました。そして、カッコイイバナーを作ってくれたのは砂田さん!ありがとうございました!
年後半はやはり総選挙と小池劇場でしょうね。

終わってみると、毎度の政党の集合離散が繰り広げられただけで、日本の将来に対する何か大きな変化があった訳ではなく、あれは一体何だったんだといういう感じだけが残ります。

選挙は祭りとはよく言ったもので、そのときは熱狂していても、あとで振り返ってみると、何も残っていないというのは、当然なのかもしれません。

そう考えると、一時の祭りで政治の大勢を決しようという民主主義というシステムは、祭りの盛り上がりにその力を依存しているという点で、元々ある種の危うさを内包しているのかもしれませんね。
経済界では、相変わらず企業の不祥事が多かったのが残念でした。東芝は論外でしたが、電通やヤマト運輸の社員の働き方や待遇に対するマスコミの指摘は、企業経営者トップに対する"社員に酬いる経営を忘れるな"というメッセージが込められていたように思います。失われた25年で日本人は本当に貧しくなりました。大卒者の生涯賃金もバブル崩壊後全く増えず、デフレによる物価下落でなんとか生活してきました。しかしながら、その間教育費と社会医療費はうなぎ登り。さらには、寿命が伸びたことで老後の経済的不安も増すばかり。景気が回復しても日銀や政府が見込む物価上昇が起こらないのは、この長寿社会における将来の不安が原因だ。早く定年を65歳に延長し、増税による年金を含めた社会保障システムの拡充をしない限り、インフレも消費の回復もあり得ないと思う。
こうやって並べてみると、下期も色々なニュースがあった。
上期に挙がっていたものもまとめてみると、やはり「重大ニュース」というのはマイナスなものが多くなりがち。すでに受け入れられたり、当たり前のことだから、そこに何かがあると「重大だ」と認識しやすい。
一方で「将来的に重大になってくるニュース」というのは、一個一個のニュースでは小さいし、現時点で当たり前となっていないことが多い。だからこそ、その時点では重大と捉えることが難しいものが多い。
もちろん、重大になってきそうと思っても、その時点ではわずかなので、間違えることも少なくない。それでも実務家・専門家がコメントをできるNewsPicksだからこそ、変化に気づきやすかったり、変化への審美眼が早いと個人的に思っている。昔であれば、XiaomiやTeslaにUber、最近はWeWorkやeSportsなどに早い時期から注目が集まっていた。
来年以降も、皆様のご協力も得ながら、今後大きな影響を及ぼしていく小さい変化という点で「重大ニュース」を発掘して育てて届けていければ!(もちろん、製造業や金融の、マニアックな部分の解説・深堀も併せて)

どうぞ、素晴らしいクリスマス、年末年始をお過ごしください!
今年の下期を振り返ることができますね。私のロヒンギャの記事(無料)も取り上げて頂きました。
https://newspicks.com/news/2646353

個人的にはイエメン情勢にも注目。かなり状況は悪いです。イエメンの不安定化は局地的な問題ではありません。このようなfailed stateは、テロリストが「安住の地」として利用してしまいます。テロが起こる前から、こうした問題に注目しておく必要があります。

https://newspicks.com/news/2707220
https://newspicks.com/news/2650613

個人ニュースとしては、10月、12月とトルコに2回行ったこと、インドのコルカタに行ったこと、初めてNewsPicksアカデミアに登壇したこと、出版予定の本の原稿(1章分だけですが)をどうにか脱稿できたこと。
90年代から2000年代にかけて「なんか今の時代って刺激薄いな~」と感じていたのですが、
この半年見ているだけで「こんな激動の時代を生きているのか~」と感慨深いのは、結局自分のアンテナの立て方なんでしょうね。

ニュースに対して自分なりに付加価値つけてコメントするというタスクを自分自身に課すという習慣をつくってくれたNewsPicksという存在にとても感謝しています。今年もありがとうございました。
10月に日経平均株価が歴代最長を更新する16連騰を記録したのには驚きました。年前半が動きの乏しいレンジ相場が続いたので、動意付くのを待ってはいたものの、ここまでの波になるとは正直予想できませんでしたから、個人的に反省させられた相場でしたね。
8月:鈴木誠也が怪我で離脱。
9月: カープ優勝(二連覇)。
10月: 暗いMAXシリーズで死亡。今年が終了。
日経平均株価は16連騰しましたよね。構造的に変わった気がします。あと個人的には、桐生選手の 9.98よりも、そのあとに風の条件がよくないなかで10.00で走った山縣選手のほうが同じ条件で走ったら速いと思います。
印象に残ったのは、選挙、東芝メモリと、あと一つがこの中からだとなかなか浮かびませんでしたが、スマートスピーカー〜ボイスコンピューティングがテクノロジー領域では8月以降立て続けに発表され一気に広く認知されるようになったのが印象的でした。

NPに関して個人としては、7月からテクノロジー領域のおすすめピッカーにして頂き、そこから平日は毎日3件ずつピックを続け、9月からはPROピッカーとして、またJ-waveの番組にもスマートスピーカーの話題で出させて頂くなど、また6月末で350だったフォロワーさんが今は2000に近いという結果でした。ありがとうございます。

11月末から怒涛の出張が続いて平日3件のペースが崩れたので、できるだけまた元に戻します。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。
新着記事一覧
「過去最弱だったはずが…」米誌がW杯“期待満足度ランキング”で日本代表を2位に格付け!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「永遠に称えられるべき振る舞い」英誌が日本代表“伝説のロッカールーム”をロシアW杯10大名場面に選定!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「最大の過ちは22年も指揮を執ったことだ」名将ヴェンゲルがまさかの赤裸々告白!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「すべてでっち上げよ!」クリロナ入団会見で母親がメディアにご立腹だったのはなぜ?
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「俺はもう終わりかもしれない」フランス代表CBを追い詰めた“一大珍事件”が明らかに
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

大ブレイクにも平然の19歳エムバペ。真の“怪物”を育てた両親も只者ではなかった
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「真に価値の高い、意義ある補強だ」セルクル・ブルージュが植田直通の加入を正式発表!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「敵を地獄に突き落とす速さと巧さがある!」ハノーファー入団の浅野拓磨を独メディアが絶賛!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

【指揮官コラム】三浦泰年の『情熱地泰』|F・トーレス獲得以上に衝撃を受けた鳥栖ユースの強さ
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

本田圭佑が113億円規模のベンチャーファンド立ち上げへ!パートナーは米俳優のウィル・スミス氏
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks