新着Pick
1259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人材教育の二極化はアメリカでもここしばらく進んでおり、ちょうど子供がもうすぐ受験なので、他人事ではなく実感しています。

カリフォルニアではもともと、「G型」向けのUniversity of California(UC)システムと「L型」向けのCalifornia State University(CSU)システムおよびコミュニティ・カレッジ(CC)に明確に分離しています。ここ10年ほど、予算や転学優遇策など種々の点で、「L型」のほうに力点が置かれています。G型はほっておいても優秀な学生が集まるし、卒業生の寄付を使えるので、自分たちでやってね、ということで、L型に予算を割き、裾野を広げて、「高卒未熟練労働者」をプログラマーや看護師などの「現場型専門職」へと移行させるべく、門戸を広げる努力をしています。

ポイントは、完全に上下分離したまま永遠に続くのではなく、一番敷居の低いCCで基準を満たせば、より上位のCSUやUCに転学する道が広く開かれていること。また、CCはどの年齢でもいつでも試験なしではいれるので、キャリアチェンジを目指す社会人も多くいます。

G型が一握りのエリートでよい、日本人全員をそれに向けて叱咤する必要はない、という点は賛成ですが、こうした風通しの仕組みをセットで考えるべきと思います。
グローバル化、グローバル化と言われて久しいので、私たちは「何がなんでも広い世界を相手にしなければ」と思いがちです。
ちょっと待って、闇雲なグローバル志向はやめようよ、というのが今回の冨山さんのお話。
地方と都心の暮らしにかかるお金の比較など、たしかに見落としていた部分も多く、私にとっては大袈裟でなく「目から鱗」でした。
といっても、私自身はすでに学校教育とは無縁ですし、実際に今子どもがいたら、素直に受け入れられないかもしれませんが(苦笑)
この講演自体は教員の方向けだったので、参加された方はかなり少ないと思います。
その他、藤原先生や、現場の教員の方の講演など、かなり先進的な取り組みが紹介されていますので、ご興味のある方はぜひ、記事下からサイトを覗いてみてくださいね。
Lで地味にやりながらもGとときどき上手いこと繋がって楽しくやりたいと思っています。日常生活は地元の祭りと飲み会上等のマイルドヤンキーそのものですが。
例えば大学観光学科と組んで、在日イスラム教徒とラマダンの日に畑でBBQというイベントをやりました。
ハラルの食文化やラマダンについていろんな学びもあったし、5か国ぐらいの人が来てくれました。
また、昨年は韓国の都市農業博覧会にお招きいただき、事例紹介しました。
現在、古民家と農地を活用した外国人向け農体験プログラムをはじめたところ、香港のメディアより取材依頼が来ました。

楽しいところだけつまみ食いみたいな感じですけど、Lで深堀しつつ、広く発信していればいろんなところと接点を持てます。
日本では、東京などの大都市で働き生活するのがベストだという発想が今でも主流ですよね。

アメリカでもそうなのかもしれませんが、イタリアやフランスあたりの田舎へ行ってみると、ミラノやパリなど「人がゴチャゴチャして、せわしない大都市なんてまっぴら御免」、トスカーナ地方の人たちもフィレンツェでさえ「あんな都会には住みたくない」といった人たちに実に多く出会います。

教育無償化が保証されている北欧でも、総合大学へ行く人は意外に少なくて、L型人材を育てる職業専門校へ進む人が多いと聞きます。

地方でクオリティオブライフをエンジョイするという人たちが徐々に日本でも増えてきていますが、地方創生、インバウンド消費あたりとも引っかけて、このうねりを加速させていければいいなぁと思っています♪
日本の過去を振り返ってみると、本当のG型というのは限られていたのではないかと思います。80年代までの日本のエレクトロニクス産業の成功にしても、00年代までの自動車の成功にしても、L型の発想をベースに、各市場に微調整して成功しただけで、本当にG的な発想でやって来た訳ではありません。

ですが、現在は「モノからソフトへ」「従って機能から価値観へ」「ネットによるトレンドのグローバル化という時代へ」「従ってビジュアル化した図示ではなく英語によるコミュニケーションへ」という「ホンモノのGでなくてはダメ」な時代に突入しています。

同時に、日本語だけで通用する市場は縮小が確定しているのですから、現在の日本の若い世代については歯を食いしばっても「G型」に育てていく覚悟が求められていると思います。G型は少数精鋭でいい、などということを言えるような環境ではないと思うのですが、どうでしょうか?
森岡書店は銀座で5坪、1冊の本を売る本屋。
だが、イギリスのガーディアン紙が取材しフランスの大手流通幹部のフランス人がインタビューに来て、中国のSNSで広まった。先日3人で株主総会やったが少ないながらも黒字。
L型だからGに届いた、と言えるかな^ ^
私はフィリピンで起業していて90%以上の社員は外国人です。国籍も10か国以上のスタッフが働き公用語は英語です。そして顧客も世界中にいます。
しかしG型とL型にわけるなら私はL型だと思っています。
海外にいてもそのローカル即ち地元の人脈をしっかり作り、地元に根を生やしてビジネスをしているからです。
自分のビジネスをする地域を愛しているのは、例え海外で世界を相手にビジネスをしていてもL型だと思うのですが、どうでしょう?
「平家・海軍・国際派」、「源氏・陸軍・国内派」と言われて久しいわけだが。。。
全員がグローバル人材、経営者人材になることはない。
ローカルに根付いて働き、規模ではない価値を追求することも立派な選択肢の1つ。
G(グローバル)⇔L(ローカル)、C(カジュアル)⇔S(シリアス)のマトリックスで働き方を選ぶ・調整するという発想は、どの世代でも持っておきたいですね。
そもそもグローバル人材ってありえるんですかね?世界のどこに行っても通用する人なんてほとんどいないと思います。

なので自分が得意とするエリアが地域的にどこかって話で考えたほうがいいんじゃないかと。それが東京かも知れないし、広島かもしれないし、サンパウロなのかもしれない。

結局は需要が供給より多いセグメントで差別化できるかって話の位置要因が地域って要因と考えると。
この連載について
大学受験と小・中学生の日々の学習を支えるオンライン予備校「スタディサプリ」、社会人の英語学習を応援する「スタディサプリENGLISH」に関する情報をお伝えしていきます。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
20.2 兆円

業績

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
1.92 兆円

業績

新着記事一覧
「ノーベル賞が何個あっても足らないほどの成果」 望月新一京大教授が数学の超難問「ABC予想」を証明 - 赤池 まさあき
BLOGOS - 最新記事
4Picks

Googleの研究でロボット犬の小走りが簡単に
TechCrunch Japan
6Picks

Nianticとポケモン、『ポケモンGO』で4月の「スポットライトアワー」と「ふしぎなボーナスアワー」を毎週火曜日18時から19時に同時開催
Social Game Info
3Picks

子どもが生まれた。男性育休、どうやって取ればいいい?「育休はじめてガイド」の著者に聞いた。
ハフポスト日本版
3Picks

ファッション業界を駆け上がれ! 2020年版「新入社員のAtoZ」
WWD JAPAN.com
2Picks

嫌でもNOと言えない対人関係の我慢から抜け出すたった一つの方法 - 「私が我慢すればすむ」は赤信号
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
6Picks

現代人の教養。すべて言えるか、「現代建築物ベスト7」
Forbes JAPAN
8Picks

「つみたてNISA」の運用商品を変更したい人が注意 したいポイントは? スイッチングはNG、運用途中の 投資信託は売却すべきかなどをプロがズバっと解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説
Diamond Online
5Picks

外国人の質問に対して「イエス、イエス」と相槌を打ってはいけない - 「イエス=はい」ではない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

近未来のダイエット! 3Dプリントで作った食べ物なら少量でお腹いっぱいに
ギズモード・ジャパン
6Picks