【森本稀哲】順調な野球人生でなかったからこそ、得た学びがある

2017/11/25
北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、そして埼玉西武ライオンズで活躍してきた元プロ野球選手の森本稀哲氏。「心を強くする習慣を身につけると、どんな逆境にだって負けない」と語る森本氏に、プロ野球選手時代のエピソード、そして「どんなに辛くてもポジティブになれる方法 」について聞いた。
元気の源はどこにある?
──森本さんの新著『気にしない。 どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』は、野球を通して身につけた「つらい時でもポジティブになる方法」をつづった本ですが、世のビジネスマンにも通ずるメソッドが多数詰め込まれているように感じます。
森本 人生っていいことばかりではありません。僕自身も、これまでの36年間の人生で、どうしても前向きに捉えられなかったことがたくさんあります。結果としては、そうした体験から学び、何があっても前を向いて乗り越えることが大切だと気づけたことが大きいと思います。
森本稀哲(もりもと・ひちょり)
1981年1月31日生まれ。東京都出身。帝京高校の主将として第80回全国高校野球選手権大会に出場を果たし、1999年、ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年、ベストナインに選ばれる。その後、2011年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。現在は野球解説やコメンテーターとしてのテレビ・ラジオ出演のほか、大学での講義や講演活動も行っている。
──NewsPicksにはこれまで、山本昌さんを始め複数の元プロ野球選手が登場していますが、皆さんに共通するのが、「プロになった瞬間、あまりのレベルの高さにすっかり自信をなくしてしまった」ということです。森本さんの場合はどうでしたか?
【佐山×山本昌】下積み時代に知った、活躍する人しない人の分水嶺
【里崎智也】エリートを倒すには「キャリア戦略」が必要
僕もそうです。プロに入った瞬間に、「これはちょっとレベルが違うな」と感じました。当初は「1年目から1軍でレギュラー獲ってやる」と意気込んでいましたが、そんな自信は一瞬で消え去りました。スピードもキレもパワーも、想像していたよりもはるかに上で、これは落ち込みましたね。