新着Pick
1839Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
のれん代に70億払います。「CASH」というのれんでなく、「光本チーム」というのれんに。
CASHの次の展開の話を聞いてたからまあ、ありかなあ、とは思うよね。まだリリースしてないけど準備は進めてるんだろうしね。上場目指すメルカリに出資できなかったから、CASHでメルカリ越えを目指すんだとおもいます。なにしろ中古品買取はキャッシュがアカウントにあぶく銭的に入るので金離れがよい決済アカウントになるからね。ここから、イマイチ日本で盛り上がってないスマホ決済がガツンと拡がる可能性ある。まだメルカリチームは決定打を放ってないのでCASHにもワンチャンあると思う。
天才起業家、光本さんの秒速エグジット。名実ともに日本を代表するシリアルアントレプレナーの殿堂入り。

「経営者である光本氏を自社に欲しかった、と語った」とある通り、典型的なアクハイヤリング(経営者・チームの獲得を目的とした買収)でありつつも、その常道手段であるロックアップが設定されていないというのは大胆。「もし明日辞めても、『そっかー……』というくらい」とは鬼才亀山さん、片桐さんらしいと言えばらしい、このやり方の成否を見届けるうえでも今後の事業化、収益化に着目です。
自分たちの会社の現金化も即時にCASH化でしたね。

このようなスタートアップの買収事例が日本でも増えてきたのは良いことだと思います。

大企業であっても、この辺りのスピード感がないと負けていく時代でもあると思うので。

流石、DMMさん。
皆さんコメントされているように、自社のCASH化も早かったと言えます。現金のサイクルが確立されて勝ち残るまではバランスシートを使わざるを得ないモデルだと思いますので、成長に向けたボトルネック解消のために資金力を得るというのは合理的な判断だと思います。

東洋経済に関連記事がありました。
https://newspicks.com/news/2640379?ref=user_130194
これは驚いた。先週のTechCrunch Tokyo 2017で登壇されていた際のお話を伺っていたが、サービス再開したもののまだ先は長いかと勝手に思っていた。TechCrunchでの話を聞いていから、久しぶりにCASHを使ってみたら、ブランド品に特化しているなど、いくつもの工夫がされており、サービス開始当初から小さなピボットがされていることがわかる。このあたりがサービスをあてるコツなのだろう。

DMMの決断の速さにも驚くし、ロックアップが設定されていないというところもびっくりする。アクハイアであるにも関わらず、ロックアップを設定しないというのは、光本氏が過去にもStores.jpをMBOでスタートアップトゥディから買い戻すなど、サービスに対しての想いが強いからかと思ったら、DMMの買収案件はすべてロックアップを設定していないという。いやいや残って貰うのではなく、DMMや事業自身に魅力を持っていないとダメというのはその通りだが、なかなかできることではない。
これは驚きました。日本のベンチャー業界でもこんなことが起こるのですね。
CASHは今年のおさがわせベンチャー第1位(失礼!)と思いますが、それを70億(!)で買うDMMさんにはさらに驚愕。
個人的には70億円は高いと思うが、、、。決断がすごい。
光本さんというアイデアマンがずっとDMMグループにとどまってくれればペイするかもしれませんが、、。
それにしても、CASHはスタート1日目でサービス停止。この時点では違法性がある可能性もあったビジネスモデルを二ヶ月後に修正して再開。そしてすぐに売却。
「カジュアルな買取ビジネス」を「カジュアルに売却」するスピードにびっくり。これは皮肉ではなく、本当に驚愕。
一気に立ち上がったサービスだが、グレーゾーン部分はあったし、上場企業だとスピード感含めてこういう買収はできなかったのだろうと思う。一方で、拡大する中では資金・人材も必要、VCよりも事業会社に買われるほうがメリットも大きいように思う。
とはいえ、拡大すれば整備すべきところは整備しないといけない。そういったところがちゃんとされるか、事業運営にどう影響をしていくかも、すげー一色だけでなく見ていきたい点(いや、すげーとは思うのだけど)。
「STORES.jp」の時はスタートトゥデイに、今回「Cash」ではDMMに。敏腕経営者から資質を買われる光本さんの魅力。DMM傘下に入り、「CASH」が、光本さんがどのように変わっていくのか注視したい。
凄いスピード!M&Aの増加はベンチャー市場にとって相当プラス。
こう言うディールが増えPMIもうまくいくケースが着実に増えて欲しい。この流れにnonITの大企業も増えてくると更に好循環化してくる。外部のテクノロジーに強い経営者を加えて急にアマゾンを迎え打てるようになったJet.com(Walmart)のように、百貨店/小売もECベンチャー経営者を買収し要職を与えるとか。製造メーカもUXベンチャーを買うとか。